凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。スキル獲得とオタク知識の情報発信と記録。

けものフレンズの戦略的話題づくりをまとめてみた

f:id:taiheiex:20170424105107j:plain

どうも、タイヘイです。

 

このブログでも過去に2回考察記事を書いてきた「けものフレンズ」。

アニメ放映が終わればもう少しブームも落ち着くと思っていましたが、今もまだその勢いはとどまることを知りません。

 

これは何か裏で大きな力が動いている!

 

そんな風に感じたので調べてみたら、やはりプロデューサーの方たちがアニメの終盤からかなり戦略的にPRをしていたという確信を持つことができました。

 

今日はそんな「けものフレンズ」のプロデューサーたちによる戦略的話題づくりと注目すべきポイント、その考察をまとめます。

 

 

最終回前からの公式の動きまとめ

 

まず最初に、公式のTwitterで確認できた動きを調べました。

以下にニコニコ動画で最終回前に行われた振り返り放送前後からの情報をまとめています。

 

3/22 太鼓の達人 ようこそジャパリパークへ 追加
3/25 ニコニコ生放送 1話~11話振り返り一挙放送
3/29 12話(最終回)放映
3/29 新作映像制作決定
3/30 ドラマCD・サウンドトラック発売延期→6/7
3/30 オフィシャルガイドブック1,2巻 重版決定


4/5 12.1話「ばすてき」公開
4/10 コンプティーク5月号 特集記事
4/11 ニコニコ動画 時報がサーバルちゃんに
4/12 ニュータイプ5月号 特集記事 付録クリアファイル
4/14 ミュージックステーションにどうぶつビスケッツ×PPP出演
4/14 月刊ブシロード5月号 特集記事 けものフレンズ「オイナリサマ」PRカード
4/14 CahosTCG もふもふブースターパック発売
4/14 アニメロサマーライブ2017 けものフレンズ参加を発表
4/14-4/27「けものフレンズSHOP」 IN SHINJUKU SPECIAL
4/15 ダーウィンが来た サーバル回再放送
4/15 科学技術館 サイエンスホール 最終回見逃し上映会
4/17 ChaosTCG「けものフレンズ」発売記念お渡し回
4/17-4/20 ラジオ ミュ~コミプラス×けものフレンズ
4/18 ニコニコ動画 ニコラジ 
4/18-5/2 ニコニコ動画 ニコラボカフェ
4/22-6/25 東武動物公園コラボ
4/24 新作ゲーム「プロジェクトG」の制作発表(ブシロード)
4/27 ニコニコ動画 スペシャルワークショップ
4/29 ユナイテッド・シネマ 制作スタッフのみのトークショー「フレンズの会」
4/29-4/30 ニコニコ超会議2017 超体験エリア「けものフレンズ」
4/30 ミルキィホームズ&ブシロード10周年&スクフェス4周年記念ライブin横浜アリーナ どうぶつビスケッツ×PPP出演


5/2 ニコニコ動画『今月のいきもの』×『けものフレンズ』
5/3 「けもフレパレード」 by ONIGIRI Project inヨコハマカワイイパレード


6/7 ドラマCD・サウンドトラック発売
6/14-6/18 アニメの声優をメインキャストにした舞台化


8/25 アニメロサマーライブ2017 けものフレンズ参加

 

 

 

いかがでしょうか?

 

かなり4月に集中してイベントや各メディアでの露出があったことがお分かりいただけたでしょうか(4/24時点で調べた情報です)。

 

アニメが終わっても勢いを途切らせないように連続して話題が提供されていることが分かりますね。

 

これは公式の動きだけなので、ファンの間の動き、例えばまとめサイトやブログでの考察・同人誌などのファンアートなどは含まれていません。

 

公式のイベントとファンの動きが合わさって、放映中よりもむしろ放映が終わった4月の方がけものフレンズ旋風が起きているのを感じたのではないでしょうか。

 

PRのここに注目!

ミュージックステーション出演に合わせた戦略的PR!

普段アニメを見ない人にも触れるきっかけとなりそうなのが、4/14にどうぶつビスケッツ×PPPがミュージックステーションに出演したことです。

 

タモリさんとの絡みも面白く、翌日のニュースでイグアナのフレンズなどと取り上げられていたりしました。

 

そして、この4/14を一つのスタートとして怒涛のPR攻勢が始まっているのが先のまとめからよくわかります。

 

NHKの動物番組、「ダーウィンが来た」のサーバル回再放送はもちろんですが、グッズの発売もここから相次いでいます。

 

ニコニコ動画との超会議に向けたコラボレーション

けものフレンズのヒットはニコニコ動画なしには語れません。

一挙放送でのコメント数は、「魔法少女まどか☆マギカ」に80万以上の差をつけ過去最高を記録しました。

 

そしてニコニコ動画の大きなイベント、ニコニコ超会議に向けてのコラボレーションがミュージックステーションに続いて2つ目の大きなPR攻勢となっているように思えます。

 

ニコニコ動画で有料配信されているけものフレンズ各話の利用者数も他のアニメを抑えて圧倒的に多い(トップ10をほぼ独占)こともありお互いに良い関係を築いていることから、折を見て全話一挙放送がまたあるかもしれません。

 

サウンドトラックの発売延期はわざと?

3/30にドラマCDとサウンドトラックの発売が5/17から6/7に延期されています。

 

公式の説明では作品クオリティ向上のためとされていますが、もしかしたら十分にPRが済んだ時期を見越したマーケティング戦略かもしれませんね。

 

それ以外でありそうなのは、イベントに声優さんなどが多く出ることになった結果、スケジュールに影響が出たというものです。

 

どちらかというとこちらの方がありそうですが、いずれにせよ耳に残るBGMをまとめたサウンドトラックとサーバルちゃんたちにまた会えるドラマCDの発売が楽しみです。

 

準備をしていたプロデューサーたち

けものフレンズのアニメ制作スタッフは人数が少ないことで知られていますが、インタビューではプロデューサーはたくさんいるということが語られていました。

 

特にこの4月のPR攻勢はそんなプロデューサーさんたちの努力が実を結んだ結果だと思うのです。

 

雑誌の特集記事や付録はあらかじめ準備がないと急には出せません。

PR効果は大きいですが過去に深夜アニメの出演が「ラブライブ!」くらいしか思い出せないミュージックステーションとの交渉などはかなり大変だったと思います。

 

NHKは深夜ですが「ダーウィンが来た」でサーバルの再放送をしてくれています。

過去に「日常」や現在「涼宮ハルヒの憂鬱」が再放送されていることもあり、もしかしたらけものフレンズもNHKで再放送される可能性があるかもしれません。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

けものフレンズは丁寧に作られた作品ですが、アニメが放映前にソーシャルゲームがサービスを終了していたり、漫画が放映終了までに完結するなど必ずしもヒットするのに恵まれた条件にはありませんでした。

 

今の状況があるのはアニメを作ったスタッフさんだけでなく、作品の素晴らしさを広めようと頑張ったプロデューサーさんたちの力も大きかったと思います。

 

今後のアニメ業界ではけものフレンズのPR戦略は一つのお手本になっていくような気がします。

 

ありがとうございました!

 

 

 

(1,2巻合わせて12万部の大ヒット。アニメ付きガイドブック)

(星野源も絶賛のオープニング!)

(めちゃくちゃカッコイイ疾走感とどこか哀愁に満ちたエンディング。オススメ)