凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。

無課金で効率よく「D×2 真・女神転生 リベレーション」を攻略する方法まとめ【ver1.5.0対応】

f:id:taiheiex:20180213121847j:plain

ペルソナ3・4・5で一気にメジャーになったアトラスの看板作品「女神転生」。

そんな女神転生のスマートフォンゲームがついに配信されました!

 

激渋なガチャの排出率には批判も集まりましたが、遊んでみると実はゲームとしては、かなりクオリティが高くて面白い!

 

私は最近惰性で3年以上続けていたスマホゲームを2つ引退したのですが、新しく始めたメガテンD2は思わず毎日プレイしてしまっています。

 

メガテンD2を一言で表すと、「課金が不要でシステムが作り込まれた育てゲー」。

 

この記事ではそんな「メガテンD2」を無課金で効率よく攻略する方法をまとめます。

 

【ver1.5.0のアップデートを受けて記事を更新しています】

 

課金はしないで遊ぼう!メガテンD2は手軽さと奥深さを備えたシステムの育てゲー

まずはメガテンD2の特徴を簡単にまとめてみましょう。

 

ガチャが激渋

 最高レアの星5は排出率0.5%(!)

  さらに同キャラで4パターンのスキル構成

 ただし種族「魔神」と「英雄」以外は星5も全員悪魔合体で入手可能

 (公式発表で今後上の2種もアップデートで入手可能になるかもとのこと)

 

悪魔合体の制限が厳しい

 資源となるマグネタイト管理が重要

 星5は300万以上のマグネタイトが必要(1ヶ月~で作成可能)

 星4は15~30万以上のマグネタイトが必要(3日~で作成可能)

 星3は5000以上のマグネタイトが必要(1日で作成可能)

 星1・2は何体でも作れる

 →作る悪魔をよく考える必要あり

 

目的別に分けられた周回しやすいコンテンツ 

 ストーリー:シナリオ・レベル上げ・素材悪魔・マッカ

 D×2デュエル:他プレイヤーとの対戦。報酬はジェムと特殊スキル悪魔

 ストレンジ・シグナル:覚醒アイテム

 罪の烙印:装備アイテム

 アウラゲート:3Dダンジョン。マグネタイト・烙印・ガチャ札

 イクリプス:特定種族で挑む戦闘。ガチャ札

 ジゴクパーク:5体で挑む特殊戦闘。素材悪魔ガチャアイテム確保

 ウォンテッド:期間限定イベント(戦闘のみ)。特定悪魔の召喚アイテム

 →やれることが多いので考えて育成が必要

 

育成がやれること多すぎ!奥が深い。

 レベル上げ:オート周回で余裕。必要経験値もそれほど多くない

 烙印:装備アイテム。有用な特殊効果付き烙印の吟味は周回必須

 転生:低レアキャラのレベル上限は上げやすい。星6まで育てるのははやや大変

 覚醒:ステアップとスキル増加。材料集めの手間は普通

 継承:スキル継承の個数は1悪魔2個まで。継承元の素材悪魔を確保するのに悩む

 悪魔合体:5種のアーキタイプで覚醒スキルが変化

 →無課金と課金者で差が出るのは一部の悪魔と継承スキル素材の確保

 

ソーシャル要素はあっさりめ

 フレンドの再使用までの時間が長いのが難点

 対戦機能(デュエル)の目玉景品は特殊なスキル持ち悪魔(ほぼ趣味性能)

 

ゲームバランス

 オート周回が実装されて非常にストレス無くサクサク!

 悪魔との交渉もオートで楽チン!

 ストーリーや一部クエストの難易度はメガテンシリーズにふさわしく結構高め

 ガチャにお金をかけるのは排出率的におすすめしない

 

全体的な評価

 システムは上手くバランスを考えて作られている

 効率よく進めるには考えることが多い

 ストーリーは普通のスマホゲーレベル

 キャラはペルソナに近い。個性があっていい感じ

 無課金で遊ぶには十分なクオリティ

 システム改修が頻繁に行われていてどんどん遊びやすくなっているのが嬉しい

 

 

初期のメガテンD2はガチャの確率の渋さとか、広告の主張が強すぎるのが批判されていました。

 

ですがゲームとしてのクオリティはさすがです。

 

リリース当初はアップルストアの評価も2点台でしたが現在はシステム改修で4点台まで上昇しています。

 

ストーリーの難易度が高めなのに対し、考えて育成を効率良く進めればちょうど良い歯ごたえになるよう調整されています。

 

ゲームを遊ぶためのスタミナも回復が速く、悪魔を育てるのにクエスト周回が必要なのと上手くバランスが取れているのが嬉しいですね。

 

(1時間に溜まるスタミナが20なのですが、各クエストは1回につき2~8くらいの消費です。上限が低くてすぐいっぱいになるのが難点)

 

ver1.5.0ではコンテンツごとに悪魔の編成を記録できるようになり、周回がさらに便利になるなどシステムの改善にも余念がありません。

 

キャラクターも非常にペルソナっぽくて個性があります。

ストーリーがガッチリ練られていたらめちゃくちゃ名作になっていたと思うレベル。

 

初期に行われた期間限定イベント(オーカスの緊急ミッション)もかなり気軽に遊べた感じでした。

(オーカスはイベント後でも普通に悪魔合体で作れます)

 

全体としては、システムがしっかりしていて、しかも周回が簡単

 

悪魔やキャラを育てるのが好きというメガテンやペルソナファンの方にはぜひオススメしたいゲームです。

 

攻略開始前に。リセマラはどうする?

ガチャのあるスマホゲームで効率よく進めるのに欠かせないのがリセマラことリセットマラソン。

 

最初の無料ガチャで高レアのキャラが出るまで何度もゲームをインストール&アンインストールするという技ですね。

 

メガテンD2のリセマラは15~20分程度で2回ガチャを引く形になりますが、高レア悪魔の排出率はかなり厳しいです。

 

なんと最高レアの星5排出率は0.5%!

さらにアーキタイプという悪魔ごとに設定されたスキル構成の違いが4つあるため、特定の悪魔狙いはほぼ不可能となっています。

 

同じスマホゲームで排出率が厳しいと言われているFGOの星5が1%ですからそれよりさらに厳しいですね。

 

星4の排出率は5%なのであまり他のゲームと変わらない感じがしますが、星5は本当に厳しい。

 

ただ、他のゲームとメガテンD2が異なるのは悪魔合体で最高レアの悪魔もほぼ作れるということなんですよね。

 

今は「魔神」と「英雄」だけはガチャ限定ですが、公式で今後ガチャ以外で手に入るようアップデートがあるかもとの発表もありました。

 

じゃあリセマラしなくてもいいんじゃない?

 

そう思われるかもしれませんが、育成の手間を考えると最初にちょっと頑張っても良いかなと思います。

 

ほぼ全ての悪魔を自力でゲットできるといっても、その資源となるマグネタイトの手に入る量と消費量のバランスがかなり悪いんです。

 

具体的には、

 星5を作るのに300万

 星4を作るのに30万

以上のマグネタイトが必要です。

 

1日に安定して入手可能なマグネタイトの量は普通なら5万以下くらい、最大で10万ちょっとくらいです。

現在はシステム改修でマグネタイトの供給量が増え、星4悪魔までならあまり苦労せず作れるようになりました。

ミッションをこなしつつアウラゲートにこまめに潜っていれば1ヶ月あたり100万くらいは無理せず手に入るのが現在の環境です。

アウラゲートのアップデートにより、プレイ時間を確保できれば1日10万くらい、1ヶ月で300万のマグネタイトを確保することも不可能ではありません。

ただやはり星5悪魔は作るのに時間がかかりますし、できればリセマラで星5悪魔を手に入れたいですね。

 

しかし、リセマラで星5の特定キャラを狙ったりするといつまでたっても本編が始められません。

 

加えて、システム改修でゲーム初期に星4悪魔確定排出のガチャが引けるようになったのでリセマラも少し初期とは様相が変化しています。

 

というわけで、手間と効率を考えたほどよいリセマラの目安としては、

 

星5(特にコウテイ)が出たら終了

もしくは

星4でガチャ限定キャラが出たら終了

 

が良いかと思います。

 

現状、1番の大当たりは星5でガチャ限定、強力なスキルを持ちデュエルを始めとして全てのコンテンツで大活躍するコウテイです。

 

他のガチャ限定のキャラであるアリスやヨシツネ、トランペッターなどはゲームの仕様上、貫通持ちの異能クー・フーリンや異能マーラに劣るかと思います。

 

もっと細かく見ると、通常ガチャ2回と星4確定ガチャ1回の3回で、

 

通常のガチャ2回:

 星5が1体でも出たら即リセマラ終了

 星4が2体出たらリセマラ終了を推奨

 星4が1体ならリセマラ続行もあり

 星3が2体ならリセマラ続行

 

星4確定ガチャ1回:

 ガチャ限定のヘルズエンジェル、ホワイトライダーかジャンヌダルクを引けたら終了(アーキタイプ防魔がオススメ)

 弱点なしの悪魔でアーキタイプ防魔か異能を引けたら終了

 継承可能スキルに「◯◯耐性」を持つ悪魔を引けたら終了

 

といった感じがオススメです。

 

ちなみに数字で見ると星5を狙える1回のリセマラ(ガチャ2回)では、

 星5が2体出る確率:0.0025%

 星5が1体出る確率:0.995%

 星4が2体出る確率:0.25%

 星4が1体出る確率:9.75%

 星3が2体出る確率:89.3%

 となっています。

 

こうして数字を見るとリセマラ1周で1%くらいは星5が出る計算なんですね。

星4確定ガチャの方は1種類の悪魔が出る確率が2.5%程度なのでアーキタイプを吟味しなければ1点狙いも不可能ではありません。

 

有用な悪魔を求めるなら下手な星5の荒神や加護ではなく、星5ならどれでもいいから異能が出たら終了という選択もありです。

 

星5は70周のリセマラで50%くらいは1体以上出る計算です。

(90%出るのに必要な周回数は230周……)

 

このあたりを考慮すると、リセマラを頑張ろうという人には

コウテイが出たら即終了

星5で異能が出たら即終了

魔人・英雄の異能or防魔が出たら即終了

くらいまでは粘るのもありかなと思います。

 

 

ちなみにリセマラ自体は戦闘がオートでサクサク進むのでそれほど面倒な感じはしませんでした。

 

私は初期勢で1週間ほどリセマラをして(1日4~5回。合計30周ほど)、幸運にも星5を引くことが出来たのでそこで終了としました。

 

ガチャ限定の魔神か英雄が出るまで粘ろうかと最初は思っていたのですが、確率的にはかなり絶望的で心が折れるので星5の特定のキャラ狙いは絶対にオススメしません……。

 

(それでも狙うなら現状ではコウテイ一択ですが……)

 

今なら星4確定ガチャでガチャ限定でしか入手できないスキルが強力なヘルズエンジェル、ホワイトライダーかジャンヌダルクを(できれば防魔タイプで)引けたらスタートするのがオススメです。

 

特にver1.4.1で追加されたヘルズエンジェルはデュエルにおいて他の悪魔には出来ない特殊な役割を持てるのでオススメです。

 

(コウテイの導入で相対的に弱くなった他の物理アタッカーを、ヘルズエンジェルと同時に追加されたザオウゴンゲンとのコンボで復権してくれるのです)

 

 

 

リセマラ以外でガチャはすぐに引いてはいけない!ジェムの効率的な使い道

メガテンD2ではちょこちょこガチャに必要なジェムが手に入ります。

一度に手に入る量は多くないですが、結構馬鹿にできないものです。

デュエルのランキングにもよりますが、1週間で500以上手に入ることもザラです。

 

そしてジェムの基本的な使い道はガチャ。

 

ショップから900ジェムで高位召喚札を10枚買えるパックがあり、攻略サイトではこれの購入を薦めていますが、実はコレは罠です。

 

リセマラ終了後のジェムの使い道はまず悪魔所持枠を最大まで拡張するのがオススメです。

 

慣れてくると悪魔合体の素材や転生・スキル継承素材を作るのに所持枠は最大の300でも足りないと感じます。

 

さて。肝心の通常ガチャが罠な理由ですが……。

 

通常のガチャですとアーキタイプがランダムに選ばれ、非常に効率が悪いです。

というのもガチャで出る4つのアーキタイプの中でも「防魔」タイプが弱点を打ち消す場合が多く、初期だと圧倒的に強いのが原因。

 

通常ガチャだと欲しい悪魔が引けてもスキルが微妙なアーキタイプということが本当に多いんです。

 

というわけで、ガチャはアーキタイプ「防魔」限定が500ジェムで6枠引けるときに挑戦するのがオススメです。

 

例外は週1くらいで更新されるピックアップお試しガチャ。

星5排出率は通常と変わらない上にアーキタイプも選べませんが、200枚集めると星5を確定で引ける禁書の切れ端を1枚もらえます

これで1年で50枚、イベントで月5枚×2回=10枚→年120枚集まれば、他イベントで大盤振る舞いがなくても1年ちょっとで星5が1枚引けることになります。

 

「防魔」タイプのアーキタイプが十分揃ったら「異能」限定のガチャもオススメです。

星5で貫通など有用な限定スキルを持っている悪魔は「異能」タイプが多いのです。

 

「防魔」でガチャ限定星4のヘルズエンジェル、ホワイライダーとジャンヌ・ダルクが引けたらそれ以降は「異能」ガチャだけ引くのをオススメします。

 

この3人がそろう頃には星5を作ることを考え出すくらいにマグネタイトが溜まっていると思います。

 

 

そうなると、星5で異能が引ければそのまま使わない悪魔でも合体素材として100万以上のマグネタイトが節約できるのです。

 

また、星5はそうそう出なくても星4ならそれなりに出ます。

異能の星4が確保できれば星5を作成する際に10万単位でマグネタイトを節約できるので、これもバカになりません。

 

ちなみに星4確定召喚札のセットはイクリプス用の種族が限定された物は引いても損をしませんが、通常の物は無駄になることが多いので課金はおすすめしません。

 

また、アーキタイプ的には「加護」と「荒神」に関しては使い勝手があまり良くないので、普段手に入る高位召喚札で出てくる2・3体予備をそろえたらスキル継承素材か最悪転生素材にしてしまってもいいくらいです。

 

配布された荒神トールに関しては、使い勝手が悪いのでバランス調整が入るのを待ちながら星5で欲しい悪魔がそろうまで塩漬けをおすすめします(育成はしても合体素材にはしないということ)。

もし異能クー・フーリン・異能マーラ・アリラト・素体スルト・ガルーダ・異能アナンタ・防魔ケツアルカトル・異能コウリュウ・素体メタトロン・異能ルシファー・異能サマエルあたりの悪魔が作り終わってしまうことがあれば、ヴィシュヌの素材にするのもありかもしれません(基本は塩漬け安定ですね)。

 

 

またアップデートで覚醒スキルのMP消費が1少なくなり、荒神・加護も以前より若干使い勝手が良くなりました。

主に攻撃スキルを持つ火力が高めの悪魔が強化された感じです。

(恩恵の烙印をつけると毎ターン4MP回復するので元が消費MP5のスキルが覚醒スキルだと消費4になり毎ターン使えるようになりました)

 

星4悪魔を作れるくらいにゲームに慣れ、アーキタイプにも注目して育成方針を考えるようになると中級者の仲間入りですよ。

 

ちなみに強力なスキルの継承素材が手に入るスキル抽出ガチャがver1.5.0で追加されました。

 

ステップアップガチャ形式なので1500ジェムを支払えば確定で星5の強力なメギドラオンなど有用なスキルも手に入りますが、アーキタイプ固定のガチャ18回分と比べると優先度は微妙。

 

貫通や無効・反射といった戦略を一気に変えるようなスキルが来ない限りは、ガチャ限定の悪魔や星5作成の素材となるマグネタイトを大幅に節約できる悪魔を引けるアーキタイプ固定のガチャの方がおすすめです。

 

 

育成のおすすめ手順

基本的に育成はマグネタイトをどれくらい稼げるかで育てられる悪魔の幅が変化します。

 

順番としては、

 

主力を星3でそろえる

 まずはストーリーを進めるところまで。

 リセマラで星4以上の悪魔が引けていればかなりサクサク進むはずです。

 相手の弱点をつく、こちらの弱点をつかれないことが重要なプレスターンバトルに慣れましょう。

 

 オススメ悪魔:

  オセ、ホルス、イシス、バフォメット、ミトラ

   (アーキタイプはできれば防魔)

 レベル:

  転生で主力をLv45まで育成

   (カンバリとレベリングクエストを利用)

 覚醒:

  よく使う全悪魔を覚醒

 烙印:

  オート周回できる深さの所で烙印集め

   (吟味せず決意+破壊or消滅を全悪魔にセット)

 スキル継承:

  スキル継承はまだ基本的に考えない

  (異能と防魔アーキタイプの星3悪魔を転生素材に使わずに残しておく)

 目標:ストーリーを4章までクリア。アウラゲートを30階までクリア

 

 

主力をアーキタイプを考慮した星3と星4でそろえる

 

D2ランクがD5以上になったら星4悪魔の作成に挑んでみましょう。

偽神教会のグレードアップで星4悪魔が素体のみマグネタイト消費半分になります。

 

これは星5悪魔作成でも使える方法ですが、星4以上悪魔の作成は

なるべく割引が効く素体で素材を作り、アーキタイプをつけるのは最後にする

のがマグネタイト消費を抑えるコツです。

 

オススメ悪魔:

  防魔オセ、素体ヤタガラス、異能ベルゼブブ、加護サンダルフォンなど

 レベル:

  汎用性と育成コストのバランスを考えてLv50まで育成することも考える

 烙印:

  安定して罪の烙印を7業でオート周回できるようにする

  烙印を多少吟味

   物理アタッカーは命中と物攻を烙印で底上げ

   魔法アタッカーは魔攻を底上げする

 スキル継承:

  必要なら長く使う悪魔に耐性スキルを継承

 目標:

  ストーリーを6章までクリア。

  3章までマニアックをクリア。

  安定してデュエルをゴールドランクに。

  アウラゲートを40階までクリア。

  

 

自力の悪魔合体で星5を作成

D2ランクがD3になったら偽神教会のアップデートで星5素体の作成が30%割引になります。

ですが素材を作ったり目的悪魔のアーキタイプをつける手順を考えると必要なマグネタイトは最低300万(アリラトは100万程度)かかると考えたほうが良いでしょう。

現状の環境だとアウラゲートの深層をオート周回できれば無課金でも頑張れば1~2ヶ月、それなりのプレイ時間でも3ヶ月くらいで星5悪魔を作成できるマグネタイトが貯まるはずです。

 

ver1.5.0からはアウラゲートのブーストモードが実装され、マグネタイト集めの手間はさらに減少しています。

最下層まで到達して、周回用のパーティが組めれば1日1時間のプレイで1ヶ月あたり150万以上はマグネタイトを確保できるかと思います。

 

ちなみによく使われる異能クー・フーリンなら450万くらい、異能マーラなら700万くらいのマグネタイトが必要です。

 

ただ、星5悪魔を作るより星4悪魔に耐性をつけたほうがコスパ的には良いことも少なくありません。

 

育成コストを考えると、烙印をオート周回するための悪魔育成などは特化した星3が役に立つことも忘れないでおきたいところ。

 

目的にあった悪魔の作成を考えていきましょう。

 

ver1.5.0でデュエルの仕様が変更され、攻撃側はより火力を求められるようになりました。

貫通型の星5を頑張って作るのもいいですが、星4の効火力悪魔にメギドを継承させるのも実は戦力とコストのコスパ的にはかなりお得です。

 

また星4まではアーキタイプでは防魔がかなり強力でしたが、星5は異能が貫通など唯一無二のスキルであることが多く人気が逆転するイメージです。

星5悪魔の一番人気はおそらく異能クーフーリンですが、烙印10業オート周回を考えると異能サマエル、唯一無二のスキルを持ち作成コストも安いアリラトもオススメです。

 

星5を作るコツとしては、なるべく少ない回数の素体で合体を進めていき付けたいアーキタイプの合体は極力少なくすることです。

 

合体表を見たり、合体結果をシミュレートしてくれる外部サイトを頼りましょう。

 

加えて地味に大切なのが合体素材の悪魔は少しずつ作るのではなく、目的の悪魔を最後まで作るマグネタイトを全部貯めてから一気に作るということです。

 

これはアップデートにより新種族・悪魔が追加され、合体結果が変わることで想定していた素材悪魔が使えなくなるのを防ぐためです。

 

星5を作ってから合体結果が変わってしまって追加で300万以上のマグネタイトが必要になってしまったら泣くに泣けないので注意してください。

 

 

 オススメ悪魔:

  異能クーフーリン、異能サマエル、アリラト、防魔or異能イシュタルなど

 レベル:

  基本的に使う悪魔はLv50まで育成

   (デュエルで後攻パーティのために威圧持ちやサポート悪魔にレベル調整はあり)

 烙印:

  オートで烙印10業周回を出来るようにして烙印をひたすら吟味

 スキル継承:

  用途に応じて弱点を消す

  使うスキルはなるべく重ねて強化する

  戦略に応じて素材悪魔作成コストの高いスキルも採用する

 目標:

  アウラゲートを50階まで完全クリア

  ストーリーをマニアックでラストまでクリア

  デュエルで防衛と攻撃でパーティを使い分ける

   →ダイアランクを目指す

 

細かく分けるともっとステップを踏むことが出来ますが、上のようなイメージで育成を進めていくとよいでしょう。

 

 

 

初心者用:ストーリー4章までの攻略手順!

メガテンD2の基本はキャラの育てゲー。

そしてゲームの要素がほぼ全て解放されるのは4章を攻略した時点です。

 

先に大体の攻略手順を上げましたが、初心者向けにゲームに慣れるストーリー4章までの攻略を詳しく説明します。

 

5章は難易度がグッと上がるので時間をかけて準備することにして、まずは4章までの攻略を目指しましょう。

 

基本はオートで合体素材も集まるレベリングクエスト周回!

周回の基本は多くのキャラと悪魔に効率よく経験値を配分できるレベリングクエストです。

メガテンD2の戦闘は非常にプレイヤーに優しく、悪魔との交渉も含めてオートかつ3倍速攻略でサクサク周回できます。

 

さらにシステム改修でオートで同じクエストを繰り返し周回する機能も追加され、レベル上げは非常にやりやすくなりました。

 

まずはレベルを上げながら仲魔を増やし、合体素材がそろったらメンバーを充実させていきましょう。

 

レベリングは主力悪魔を育てるだけではなく、むしろ転生素材を作るためにずっと回すことになります。

 

つまり、使わない悪魔を星2から星3、星4、星5と育てることで育てたい悪魔の転生素材とするのです。

 

具体的には、

 

レベリングクエストでカンバリをパーティに1体ずつ入れてレベル30まで育成

星2悪魔を使ってカンバリを星3に転生

カンバリをレベル35まで育成

カンバリと同時に育てた転生用悪魔を星3にしてカンバリを星4に転生

手間がかかるが星6まで育てたいときは同様にしてカンバリを星5に転生

 

このような流れになります。

 

これにより、手間とスタミナと大量の星2悪魔さえあればいくらでも転生素材を確保することが出来るのです。

 

ガチャで引いたりアウラゲートで仲魔にした不要な星3もこの星4以上の転生素材作成で使っていきます。

 

 

転生素材確保を考慮に入れたときのレベリングクエストを回すときのパーティは、

 

D2:主人公+メガキン

パーティ1:戦闘用悪魔2~3体+カンバリ(+転生素材1体)

パーティ2:カンバリ+転生素材3体

 

上のように組むと良いでしょう。

 

レベル50で範囲初級魔法攻撃を継承させた魔攻の高い悪魔が2体いれば、戦闘スピードも高速で1度に6体の素材を育成することができます。

バフォメットやイフリート、ライラなどは周回の引率役にもってこいです。

 

 

D2は経験値アップの主人公と交渉発生率アップのメガキンです。

(主人公の経験値アップ効果は控えでも発揮されるので、自分はメガキンを先頭にしています)

レベリングクエストを回しながら転生素材+経験値アップ特性を持つカンバリの素材を集めましょう。

 

(カンバリの作り方:

スライム×メルコム=クラマテング

クラマテング×ガキ=ヨモツシコメ

スライム×ザントマン=コッパテング

スライム×ネコマタ=バイコーン

バイコーン×スライム=イヌガミ

多身合体:クラマテング×ヨモツシコメ×コッパテング×イヌガミ=カンバリ)

 

転生素材の星2悪魔に関してはアウラゲートを周回したときに入手した悪魔をメインに使い、ストーリーのスタミナ半減時など足りなくなる時は通常召喚を使って出た星1を合体して作りましょう。

 

この転生素材確保のシステムを知っているか、使っているかでゲームの効率が劇的に変わります。

 

ずっと使うことになると思うので、ぜひ試してみて下さい。

 

 

レベリングクエスト周回だけで作れるオススメ悪魔

レベリングクエストの周回だけで作れるオススメ悪魔の合体手順を紹介します。

(新規悪魔や種族の追加で合体結果が変更になっている場合があります)

 

オススメ星3

『ホルス(星3)』

 =メルコム

 ×ネコマタorザントマン

 

ホルスは物理耐性持ち、さらにメディラマ持ちで非常に耐久力が高いです。

火力にやや欠けますが、レベリングクエストで仲魔にできる悪魔2体で作れるのも魅力。

ホルスを起点にしてさらに強い星3の悪魔を作っていくと効率が良いです。

 

『オセ(星3)』

 =ホルス

 ×ライラ

 (ライラ=ヘケト×エンジェル)

 (ヘケト=ザントマン×クラマテング)

 (クラマテング=スライム×メルコム)

 (エンジェル=モムノフorザントマン×リャナンシー)

 

オセは弱点なしで汎用性が高く、さらに攻撃力もある強力な悪魔です。

星3ではトップクラスの性能で、デュエルでも活躍してくれます。

ずっと使える悪魔なのでぜひ先も見据えて「防魔」で作成しましょう。

作成手順は星3作成が3回なのでマグネタイト消費量もぼちぼち。

上の手順なら1~2日で作ることも不可能ではないでしょう。

 

 

『ベルセルク(星3)』

 =イフリート

 ×ダーキニー

 (イフリート=タム・リン×ゾウチョウテン)

 (ダーキニー=ゾウチョウテン×イフリート)

 (タム・リン=ホルス×コッパテング)

 (コッパテング=スライム×ザントマン)

 (ゾウチョウテン=ホルス×モムノフ)

 

ベルセルクは物理無効持ち(+斬撃弱点)の使い勝手の良い悪魔です。

火力も高く、デュエルではオセ対策に非常に役立ちます。

ただ上の手順で作ると星3の作成が13回必要になり必要なマグネタイトは5~6万ほど。

数日から1週間はかかるのでまずはオセの作成がオススメです。

 

『ユニコーン(星3)』

 =エンジェル

 ×ケルピー

 (ケルピー=エンジェル×ナーガ)

 (ナーガ=モムノフ×デカラビア)

 (デカラビア=ネコマタ×モムノフ)

 

ユニコーンは破魔・呪殺無効、電撃弱点です。

2属性無効持ちは非常に強力。
覚醒すると2属性攻撃持ちになるのも頼もしいですね。

作成に必要なマグネタイトも6000程度で作りやすいです。

かなりオススメの悪魔ですね。

 

『フォルネウス(星3)』

 =ライジュウ

 ×ヤクシニー

 (ライジュウ=ガキ×ネコマタ)

 (ヤクシニー=デカラビア×ハトホル)

 (ハトホル=リャナンシー×ジャックランタン)

 (ジャックランタン=ザントマン×ネコマタ)

 

フォルネウスは氷結吸収・呪殺無効、雷撃弱点。

星3でも屈指の強耐性持ち悪魔です。
初期から2属性攻撃持ちで、さらに「素体」だと覚醒で雷撃弱点が無くなるのでものすごくオススメです。

ステータス的にはアタッカーは不向きなので、タルカジャなどバフやデバフを継承させてサポートに特化させると良いと思います。

作成にかかるマグネタイトも6000程度で継承素材としても優秀ですね。

 

『イシス(星3)』

 =ユニコーン

 ×ダーキニー

 

イシスは弱点なし、火炎耐性と電撃無効持ちです。

サマリカームを覚えるのでパーティの耐久力アップに貢献してくれます。

魔攻が高いのでアタッカー的な運用がオススメです。攻撃スキルを覚えさせると周回で非常に役に立つと思います。

 

『ミトラ(星3)』

 =オセ

 ×アーマーン

 (アーマーン=モスマン×シーサー)

 (モスマン=アブラクサス×ディース)

 (アブラクサス=ネコマタ×ライジュウ)

 (ディース=エンジェル×ガキ)

 (シーサー=コッパテング×ザントマン)

 

ミトラは物理反射、氷結弱点、破魔・呪殺耐性持ちです。

物理反射は非常に強力な耐性ですね。

覚醒すると万能属性の全体攻撃であるメギドを覚えるのも魅力です。

オセを合体素材にするのでコストはそこそこかかりますが、ストーリー・デュエルともに非常に活躍してくれます。

 

『アリアンロッド(星3)』

 =ヘケト

 ×シーサー

 

アリアンロッドは物理・破魔耐性持ちです。

弱点なしで非常に使いやすく、力が結構高いので火力もそこそこあります。

作成にかかるコストも6000程度で低いので、早い段階からパーティに入れやすい悪魔です。

 

オススメ星2・星1 

 

『ハイピクシー(星2)』

 =ネコマタ

 ×クラマテング

 (クラマテング=メルコム×スライム)

 

ハイピクシーは星2では珍しい弱点属性なしの悪魔です。

星2なので転生素材も非常にそろえやすく、火力もそこそこあるので星4が作れるようになるまで使い続けても良いくらいのオススメ悪魔です。

何気に魔と速の両方が高いので、後々周回パーティの構築に役立つこともあります。

 

『オルトロス(星2)』

 =モムノフ

 ×クラマテング

 

オルトロスは火炎無効、氷結弱点、呪殺耐性持ちです。

星2では珍しい無効耐性持ち悪魔で、オーカスの緊急ミッションでは低コストで作れる悪魔ながら大活躍でした。

特定のクエストの周回や攻略用に、オルトロスのように各属性に特化したなるべく低レアの悪魔を用意しておくと便利ですね。

 

『シーサー(星2)』

 =ザントマン

 ×コッパテング

 (コッパテング=ザントマン×スライム)

 

シーサーは弱点なし、耐性3つ持ちの非常に優秀な悪魔です。

4章クリアまでは非常にオススメです。

 

『カンバリ(星2)』

 =ヨモツシコメ

 ×イヌガミ

 ×クラマテング

 ×コッパテング

 (ヨモツシコメ=ガキ×クラマテング)

 (イヌガミ=スライム×バイコーン)

 (バイコーン=スライム×ネコマタ)

 

カンバリはレベリングクエスト周回で控えにぜひ入れておきたい経験値とマッカの獲得量アップスキルを持ったキャラです。2体作っても損はありません。

また、フレンドを増やしたい時に自分のサポートキャラにカンバリが設定しておくと承認されやすくなると思います。

物理弱点持ちなので戦力にはならないのでその点だけは注意ですね。

 

『エリゴール(星1)』

 =イヌガミ

 ×アズミ

 (アズミ=ガキ×スライム)

 

エリゴールは物理耐性、呪殺無効、電撃弱点持ちです。

星1の中では屈指の強耐性で、力も高めなので火力もあり、さらに覚醒で食いしばりを習得するので戦力としても継承素材としても役に立ちます。

星3がそろうまでは使い続けたい悪魔ですね。

 

『カーシー(星1)』

 =スライム

 ×チャグリン

 (チャグリン=スライム×アズミ)

 

カーシーは破魔無効、弱点なしの使いやすい悪魔です。

火力と耐久力的はあまりないので、星3悪魔がそろうまでのつなぎとしてオススメです。

無料召喚で呼べたら最初は積極的に使っていくと良いかと思います。

 

パーティ4人分の烙印をそろえて攻撃力をアップしよう

そこそこ戦力がそろってきたら「マップ」「デビルバスター」「罪の烙印」から烙印を集めるための周回をしましょう。

 

ここでしか手に入らない烙印が2つあり、

 状態異常を防ぐ決意の烙印の「バリア」

 先制攻撃を取るための迅速の烙印の「スピード」

の2種となっています。

 

この2つの特殊効果は2部位にセットすると効果を発揮します。

迅速の烙印はホルスなど速の高い悪魔に付け、決意の烙印は事故を防ぐために全悪魔に付けても良いくらいです。

 

どうしても攻略できないクエストが突破しやすくなりますし、デュエルでも勝ちやすくなりますよ。

 

アウラゲート限定の烙印としてはターンごとのMP回復量が1増加する恩恵の烙印があり、こちらも強力ですが物理・魔法攻撃を上げる破壊・消滅の烙印と併用ができないので多少使い方に悩むことが多いかもしれません。

 

(吟味した恩恵の烙印をつけたアタッカーはデュエル・周回ともに非常に強力です)

 

慣れてきたら決意の烙印に加えてさらに、物理アタッカーには破壊の烙印を、魔法アタッカーには消滅の烙印をつけると良いでしょう。

 

烙印のオプションを厳選するのは非常に茨の道ですが、いずれデュエルで上位を目指すとなると避けては通れません。

 

よく使われるオセの冥界波などは烙印で底上げすると威力が倍くらい違ってきますし、命中率上昇でミスもほぼゼロになります。

魔力アタッカーも同じように1.5倍から2倍の威力を烙印次第で出せるようになります。

 

主力メンバーが星3中心から星4中心に切り替わったくらいで烙印の使い方に慣れていきましょう。

 

ver1.5.0では烙印の種類が追加され、

物理アタッカーに向いた「精密」の烙印

スザクなど物理回避悪魔に向いた「見切」の烙印

デュエルで使いこなせば強力な「先駆」の烙印

が増えました。

 

特にコウテイ対策として「見切」の烙印が、

加護ジャックランタン・ジャックフロストと合わせたデュエルでパスを多用するパーティに「先駆」の烙印が優れた相性です。

 

初心者向けではありませんがデュエルで上を目指すなら使ってみると良いかと思います。

 

 

 

星3悪魔を星4に転生させるか、星4を作るか。

星4悪魔は作成コストが重く、中盤まではなかなか作ることができません。

逆に星3悪魔はホルスを筆頭に作りやすいので、特に初期はオセなど強い星3悪魔を転生をさせて星4に強化するのがオススメです。

 

上で紹介している転生素材確保の手順を覚えるとパーティを全員45Lv上限の星5まで育成するのは難しくありません。

 

素材確保に集中すれば4匹全員を50Lv上限の星6まで育成することも1ヶ月かからずに成し遂げることができるでしょう。

 

星4悪魔を作るとしたら1匹目は弱点を持たないサンダルフォンかベルゼブブ、アヌビスがオススメですね。

特にサンダルフォンは合体素材が星3だけで作れるのでマグネタイト消費量も抑えられてオススメです。

将来的には火力が物足りなく感じるかもしれませんが、アウラゲート周回時にアーキタイプ加護でサマリカームを持たせると安心感が違ってきます。

自分は慣れてきて使わなくなったサンダルフォンをスキル継承でストレンジ・シグナルの周回要員にしています。

 

(デュエルを見越すなら威圧持ちの異能ショウキがおすすめですが、物理アタッカーとしては使いやすいオセと役割が被るので2匹目以降の星4として育成を推奨します)

 

『サンダルフォン(星4・アーキタイプは加護が推奨)』

 =ホルス

 ×マカミ

 (マカミ=ホルス×ヘケト)

 

『ベルゼブブ(星4・アーキタイプは異能が推奨)』

 =サンダルフォン

 ×セイテンタイセイ

 (セイテンタイセイ=ホルス×ゾウチョウテン)

 

 

アウラゲート50層までの攻略手順

マグネタイト確保のため、日々潜ることになるアウラゲートですがアップデートで50層を攻略するとD2犀川青蘭を入手できるようになりました。

 

31層以降はボス戦の難易度が上がり、41層以降はザコ戦も敵が強くなるので足踏みしている人も多いかと思います。

 

ここでは、

 

30層まで

31層から40層まで

41層から45層まで

46層から50層

 

の4つに分けて攻略法を見ていきます。

 

 

アウラゲート攻略の基本的な考え方:

 

アウラゲート攻略は通常の周回・ボスまでの道を確認する周回ボスに挑戦する周回を分けて考えると31層以降の攻略が楽になります。

 

というのも、通常の周回では控えメンバーにダークゾーン無効化・ダメージ床無効化のスキルを持つ悪魔(イナバノシロウサギと異能ゾウチョウテンなど)を入れることがほぼ前提となっているので、控えメンバーの戦力がかなり落ちてしまうからです。

 

ボスに挑むときはスタミナを多めに貯めておき、1回目はボス部屋までの道を確認し、2回目の挑戦でボス対策をしたメンバーを控えに入れて挑むとグッと楽になります。

 

基本的なメンバー選出としては、

 

通常周回・ボス部屋確認周回:

 戦闘メンバー:物理1枠・魔法2枠・先手奪取速要員1枠

 控えメンバー:ダークゾーン無効化1枠・ダメージゾーン無効化1枠・育成2枠

ボス挑戦周回:

 戦闘メンバー(道中用):物理1枠・魔法2枠・先手奪取速要員1枠

 控えメンバー(ボス戦用):ボス戦用4枠

 

で考えると良いでしょう。

 

41層以降の深層では、先手を取った上で1ターンで敵を殲滅できるメンバーを整えると周回が非常に楽になります。

道中用の物理枠を廃止して速の高い魔法枠を3枠にすると良いでしょう。

また1ターン殲滅を考えると右腕・左腕・足の烙印は多少の吟味をしたいところ。

 

消滅の烙印セット効果で15%、吟味した烙印の魔攻%が3つで30%以上。

合計で50%以上魔攻を上げられると1ターン殲滅が見えてくると思います。

 

欺瞞の烙印周回はもちろん、多少値は張りますがこまめに堕天市場を覗いて烙印を揃えましょう。

 

30層まで

30層までは45までレベルを上げていればボス部屋確認とボス戦を分けなくてもほとんど詰まることはないかと思います。

 

通常周回兼ボス戦挑戦周回:

 戦闘メンバー:物理1枠(防魔オセ推奨)

        魔法2枠(防魔バフォメットなど魔が高い悪魔)

        先手奪取速要員1枠(ホルス推奨)

 控えメンバー:ダークゾーン無効化1枠

        ダメージゾーン無効化1枠

        育成2枠

 

ボスに負けてしまうときは戦闘メンバーをボスの属性に合わせて変えるか、ボス部屋確認とボス挑戦を分けて控えメンバーにボス戦に特化した悪魔を入れて挑みましょう。

 

 

31層から40層まで

31層からはボス戦が一筋縄ではいかない難易度になってきます。

ボスの属性に合わせて無効や反射の悪魔を連れて行っても貫通スキルを持っていることが増えてくるためです。

 

これに対抗する方法は主に3種類。

 

1つ目はとにかく火力を上げて弱点をつき、短いターンで殲滅する方法。

2つ目はタルンダやフォッグブレスといったデバフを使ってボスの攻撃を和らげる方法。

3つ目はアップデートで追加されたアリラトの特殊スキルを生かして貫通を無効化する方法。

 

上の3つはどれか単体で使うだけではなく、組み合わせて使っても非常に効果的です。

ただ、アリラトは作成に非常にマグネタイトが必要なため準備が難しいかと思います。

現実的には火力アップとデバフを組み合わせて使い、さらにD2をテンプラドラゴンにして普段の周回では出番の少ないアイテムを積極的に使うと良いでしょう。

 

通常周回・ボス部屋確認周回:

 戦闘メンバー:D2アイリーン

        物理1枠(防魔オセ推奨)

        魔法2枠(防魔バフォメットや星4の弱点なしで魔攻の高い悪魔)

        先手奪取速要員1枠(ホルス推奨)

 控えメンバー:D2主人公orメガキン

        ダークゾーン無効化1枠

        ダメージゾーン無効化1枠

        育成2枠

ボス挑戦周回:

 戦闘メンバー(道中用):D2アイリーンorチョークイーター

           物理1枠or魔法1枠(防魔オセ推奨。ボスによって魔法枠を増員)

           魔法2枠(道中戦闘とボス戦どちらも役立つ悪魔)

           先手奪取速要員1枠(ホルス推奨)

 控えメンバー(ボス戦用):D2テンプラドラゴン

            ボス戦用4枠(先手要員1枠推奨)

 

41層から45層まで

41層以降はボスもさらに強くなる上に、道中のザコ敵が非常に強くなります。

 

重要なのは速要員をここまでのホルスから異能フェンリルに切り替えること。

加えて残り3体のアタッカーの速を高くすれば(平均150以上くらい)ようやく全ての敵から先手を取れるようになってきます。

 

なんなら異能フェンリル+ホルスorスレイプニルorスザクのように速要員が2体でもいいくらいです。

 

41層以降では21000以上のバトルスピードがあれば全てのザコ敵から先手を取れると覚えておくと良いでしょう。

 

異能フェンリルには迅速の烙印と消滅の烙印をつけ、アウラゲート周回専用にしてマハザンとマハンマを継承させると46層以降の周回が非常に楽になります。

 

周回的にはこの階層は敵の属性がバラバラで倒しにくく美味しくないので、ジェムを使って無理矢理ボスを倒して46層以降に進んだほうが楽です。

1ターンで倒せない敵の編成をメモしておいて、その時だけ逃げると良いかもしれません。

このゲームでは敗北時に復活に必要なジェムは配布量と比べると比較的少ないので、この階層以降のボス戦は1度だけ突破することを考えるならすべてジェム使用前提でもいいと思います。

 

通常周回・ボス部屋確認周回:

 戦闘メンバー:D2アイリーン

        物理1枠(防魔オセ推奨)

        魔法2枠(クシナダヒメなど速と魔の高い悪魔)

        先手奪取速要員1枠(異能フェンリル推奨)

 控えメンバー:D2主人公orメガキン

        ダークゾーン無効化1枠

        ダメージゾーン無効化1枠

        育成2枠

ボス挑戦周回:

 戦闘メンバー(道中用):D2アイリーンorチョークイーター

           物理1枠or魔法1枠(防魔オセ推奨。ボスによって魔法枠を増員)

           魔法2枠(道中戦闘とボス戦どちらも役立つ速と魔の高い悪魔)

           先手奪取速要員1枠(異能フェンリル推奨)

 控えメンバー(ボス戦用):D2テンプラドラゴン

            ボス戦用4枠(先手要員1枠推奨)

 

46層から50層

敵の属性が比較的偏っており、実はこちらのほうが41層から45層に比べると周回がしやすくなっています。

 

50層クリア後は基本的にここを周回することになるので、41層~45層で紹介したマハザンとマハンマを継承した異能フェンリルを筆頭に、他3体の速と魔の高い魔法アタッカーもマハンマとマハザンを継承すると良いです(内1体はマハザン・マハジオ継承がオススメ)。

 

実はステータスから考えると何気にハイピクシーやシャドウなど、星2悪魔が周回に向いていたりするのもスキル継承のコストを考えると知っておくと便利です。

 

また、ボス戦に関しては50層のメタトロンだけはそれまでのボスとは比べ物にならないくらいタフで火力も高いので(HPがそれまでのボスの倍、貫通は持たないが万能攻撃持ち)準備したパーティでジェムを100くらい使うことも考えておいてください。

 

1回クリアしてしまえば犀川青蘭は手に入るので、クリア後はボスに挑まずひたすらマグネタイトと高レアの烙印集めに道中周回しましょう。

 

通常周回・ボス部屋確認周回:

 戦闘メンバー:D2アイリーン

        魔法3枠(速と魔の高い悪魔にマハザン・マハンマを継承)

        先手奪取速要員1枠(異能フェンリルにマハザン・マハンマを継承)

 控えメンバー:D2主人公orメガキン

        ダークゾーン無効化1枠

        ダメージゾーン無効化1枠

        育成2枠

ボス挑戦周回:

 戦闘メンバー(道中用):D2アイリーンorチョークイーター

           魔法3枠(速と魔の高い悪魔にマハザン・マハンマを継承)

           先手奪取速要員1枠(異能フェンリルにマハザン・マハンマを継承)

 控えメンバー(ボス戦用):D2テンプラドラゴン

            ボス戦用4枠(先手要員1枠推奨)

 

50層メタトロン用:

 戦闘メンバー(道中用):D2チョークイーター

           魔法3枠(速と魔の高い悪魔にマハザン・マハンマを継承)

           先手奪取速要員1枠(異能フェンリルにマハザン・マハンマを継承)

 控えメンバー(ボス戦用):D2テンプラドラゴン

            クリティカル物理要員2枠(防魔オセなど)

            アシェラト撃破要員(サンダルフォン)

            アリス撃破要員(異能アヌビス)

            

1日5万マグネタイトを稼ぐ!アウラゲート周回のコツ

アウラゲートはコンスタントにマグネタイトを集めることのできるコンテンツです。

46層以下をオート周回できれば1時間で1万5000以上のマグネタイトを稼ぐことができるでしょう。

 

前提として、50層までを1回攻略し全ての通常戦闘で先手を取り1ターンで敵を撃破したいですがそれ以外にもちょっとした手間をかけるとさらにマグネタイト収集効率を上げることができます。

 

その方法とは、

満月の時間帯に周回する

ネットの情報を頼りに泉を利用する

の2つです。

 

満月はアウラゲートを選んだ後、左上のインフォメーションマークから効果発動までの時間が表示されます(効果時間は10分程度)。

 

毎回満月があるわけではないですが、満月中はマグネタイトが2倍になるので意識すると収集効率が大きく変化します。

 

泉情報はユーザー同士の方情報交換か、5chのスレで確認するのが主流になるでしょう。

 

毎日5時間張り付けば1ヶ月で150万~200万のマグネタイトを入手することも不可能ではありません。

 

小ネタとしては処理速度の関係から、マップは泉を使いに行くとき以外は閉じておくと周回のスピードがアップします。

 

特に泉情報を活かすためには、なるべく早く最下層まで攻略してオート周回できるメンバーを揃えておくことが必要です。

 

上で紹介した46層以降のパーティメンバーを多少いじると、交渉を失敗したとき以外はほぼ止まることなくオート周回ができるようになるでしょう。

 

ちなみに私の使っているアウラゲート周回メンバーは、

異能ホルスLv45(継承:マハラギ・呪殺耐性)

異能フェンリルLv50(継承:マハザン・マハンマ)

異能ベルゼブブLv50(継承:マハンマ・マハザン)

防魔メタトロンLv50(継承:マハラギダイン・マハザン)

です。

 

このメンバーで交渉失敗以外で止まるのは低階層の泉を使うときに出てくるアブラクサスだけです(物理吸収の上にマカラカシフトとマカラカーンを使ってくる)。

 

バトルスピードは22000に調整してあり、先手はレア悪魔を含めて取られなくなりました。

 

交渉失敗を除いて基本的に1ターンで敵を全滅させることができ、敵が1匹だけ残ったときにアタックを仕掛けてミスをすることが稀にあるくらいです。

 

 

メタトロンはちょっと手に入りにくいかもしれませんが、ホルスとフェンリルのレベルを50まで上げ、スキル継承したハイピクシー・クシナダヒメあたりを使うのでもほぼ同じようにストレスなく周回できるかと思います。

 

このオート周回は46層より下をメインで回ることで星6の烙印も手に入るので想像以上の戦力アップに繋がります。

 

毎日少しずつパーティを強化するためにもアウラゲートを活用していきましょう!

 

 

毎日これだけはやっておくこと一覧

通常の周回やイベント周回とは別に、毎日やっておくと育成がはかどること一覧です。

 

・ログインボーナスゲット

 スタミナはストーリーのスタミナ消費半減イベントに備えて貯めておくと吉

 

・デイリーミッション、期間限定ミッション

 マグネタイトやアイテムのためオート周回で確保

 ついでに名声交換でマッスルドリンコやマガタマを確保

 

・マッカ・マグネタイト・ジェム回収

 朝・昼・夜・寝る前

 

・デュエル7勝

 ジェム獲得+1週間に1回マガタマと高位召喚札確保

 

・アウラゲート挑戦

 アップデートで周回しやすくなった

 転生素材用の星2悪魔の確保にも役立つ

 46層以降ではレア6の烙印も拾える

 50層の宝箱がマグネタイトの量が多いので周回オススメ

 

・お試しピックアップ召喚

 週1回くらいで更新

 200枚貯めると星5を確定で引ける禁書の切れ端を1枚入手

 

・ジゴクパーク挑戦

 1ヶ月でリセットされるのでクリアできるところまで

 

・イクリプス挑戦

 1ヶ月でルール変更。星4確定札までは確保したい

 

 

無課金でもここで紹介した点に気をつけると非常に効率良くプレイができます。

アップデートやプレイして気づいたことを踏まえてこの記事は随時更新しています。

ぜひ参考にしてください!