凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。

無課金で効率よく「D×2 真・女神転生 リベレーション」を攻略する方法まとめ

f:id:taiheiex:20180213121847j:plain

ペルソナ3・4・5で一気にメジャーになったアトラスの看板作品「女神転生」。

そんな女神転生のスマートフォンゲームがついに配信されました!

 

激渋なガチャの排出率には批判も集まりましたが、遊んでみると実はゲームとしては、かなりクオリティが高くて面白い!

 

私は最近惰性で3年以上続けていたスマホゲームを2つ引退したのですが、新しく始めたメガテンD2は思わず毎日プレイしてしまっています。

 

メガテンD2を一言で表すと、「課金が不要でシステムが作り込まれた育てゲー」。

 

この記事ではそんな「メガテンD2」を無課金で効率よく攻略する方法をまとめます。

 

課金はしないで遊ぼう!メガテンD2は手軽さと奥深さを備えたシステムの育てゲー

まずはメガテンD2の特徴を簡単にまとめてみましょう。

 

ガチャが激渋で微妙

 最高レアの星5は排出率0.5%(!)

 ただし種族「魔神」と「英雄」以外は全員悪魔合体で入手可能

 (公式発表で今後上の2種もアップデートで入手可能になるかもとのこと)

 

悪魔合体の制限が厳しい

 資源となるマグネタイト管理が重要

 星5は300万以上のマグネタイトが必要(半年で1体くらい作成可能)

 星4は30万以上のマグネタイトが必要(2週間で1体くらい)

 星3は5000以上のマグネタイトが必要(1日で1~3体くらい)

 星1・2は何体でも作れる

 →作る悪魔をよく考える必要あり

 

育成がやれること多すぎ!奥が深い。

 レベル上げ:オート周回で余裕。必要経験値もそれほど多くない

 烙印:装備アイテム。有用な特殊効果の2種の吟味は周回必須。1~2日でPT分そろう

 転生:低レアキャラのレベル上限は上げやすい。星3を星4まで育てるのが効率的

 覚醒:ステアップとスキル増加。主力に限定すればそれほど難しくない

 継承:個数に制限あり。スキル継承元の素材悪魔を確保するのに悩む

 

ソーシャル要素はあっさりめ

 フレンドの再使用までの時間が長いのが難点

 対戦機能は景品も緩めで上位を目指さなければちょうど良い感じ

 

ゲームバランス

 周回は非常にストレス無くサクサク!

 悪魔との交渉もオートで楽チン!

 ストーリーの難易度はメガテンシリーズにふさわしく結構高め

 

全体的な評価

 システムは上手くバランスを考えて作られている

 効率よく進めるには考えることが多い

 ストーリーは普通のスマホゲーレベル

 キャラはペルソナに近い。個性があっていい感じ

 無課金で遊ぶには十分なクオリティ 

 

 

全体的にメガテンD2はガチャの確率の渋さとか、広告の主張が強すぎるのが批判されていますね。

 

ですがゲームとしてのクオリティはさすがです。

 

ストーリーの難易度が高めなのに対し、考えて育成を効率良く進めればちょうど良い歯ごたえになるよう調整されています。

 

ゲームを遊ぶためのスタミナも回復が速く、悪魔を育てるのにクエスト周回が必要なのと上手くバランスが取れているのが嬉しいですね。

 

(1時間に溜まるスタミナが20なのですが、各クエストは1回につき2~8くらいの消費です。上限が低くてすぐいっぱいになるのが難点)

 

キャラクターも非常にペルソナっぽくて個性があります。

ストーリーがガッチリ練られていたらめちゃくちゃ名作になっていたと思うレベル。

 

既に行われたイベント(オーカスの緊急ミッション)もかなり気軽に遊べた感じでした。

(オーカスはイベント前後でも普通に悪魔合体で作れます)

 

全体としては、システムがしっかりしていて、しかも周回が簡単

 

悪魔やキャラを育てるのが好きというメガテンやペルソナファンの方にはぜひオススメしたいゲームです。

 

攻略開始前に。リセマラはどうする?

ガチャのあるスマホゲームで効率よく進めるのに欠かせないのがリセマラことリセットマラソン。

 

最初の無料ガチャで高レアのキャラが出るまで何度もゲームをインストール&アンインストールするという技ですね。

 

メガテンD2のリセマラは15~20分程度で2回ガチャが引く形になりますが、高レア悪魔の排出率はかなり厳しいです。

 

なんと最高レアの星5排出率は0.5%!

 

同じスマホゲームで排出率が厳しいと言われているFGOの星5が1%ですからそれよりさらに厳しいですね。

 

星4の排出率は5%なのであまり他のゲームと変わらない感じがしますが、星5は本当に厳しい。

 

ただ、他のゲームとメガテンD2が異なるのは悪魔合体で最高レアの悪魔もほぼ作れるということなんですよね。

 

今は「魔神」と「英雄」だけはガチャ限定ですが、公式で今後ガチャ以外で手に入るようアップデートがあるとの発表もありました。

 

じゃあリセマラしなくてもいいんじゃない?

 

そう思われるかもしれませんが、育成の手間を考えると最初にちょっと頑張っても良いかなと思います。

 

ほぼ全ての悪魔を自力でゲットできるといっても、その資源となるマグネタイトの手に入る量と消費量のバランスがかなり悪いんです。

 

具体的には、

 星5を作るのに300万

 星4を作るのに10万

以上のマグネタイトが必要です。

 

1日に入手可能なマグネタイトの量は最大で1万くらいでしょうか。

合体素材の作成を考えるとさらに必要なマグネタイトは増えますし、できればリセマラで星5悪魔を手に入れたいですね。

 

ただ、リセマラで星5の特定キャラを狙ったりするといつまでたっても本編が始められません。

 

というわけで、手間と効率を考えたほどよいリセマラの目安としては

 星5が1体でも出たら即リセマラ終了

 星4が2体出たらリセマラ終了を推奨

 星4が1体ならリセマラ続行もあり

 星3が2体ならリセマラ続行

といった感じです。

 

ちなみに数字で見ると1回のリセマラ(ガチャ2回)では、

 星5が2体出る確率:0.0025%

 星5が1体出る確率:0.995%

 星4が2体出る確率:0.25%

 星4が1体出る確率:9.75%

 星3が2体出る確率:89.3%

 となっています。

 

こうして数字を見るとリセマラ1周で1%くらいは星5が出る計算なんですね。

 

70周のリセマラで50%くらいは星5が出る計算です。

(90%出るのに必要な周回数は230周……)

 

ちなみにリセマラ自体は戦闘がオートでサクサク進むのでそれほど面倒な感じはしませんでした。

 

私の場合は1週間ほどリセマラをして(1日4~5回。合計30周ほど)、幸運にも星5を引くことが出来たのでそこで終了としました。

 

ガチャ限定の魔神か英雄が出るまで粘ろうかと最初は思っていたのですが、確率的にはかなり絶望的で心が折れるので特定のキャラ狙いは絶対にオススメしません……。

 

 

ストーリー4章までの攻略手順!

メガテンD2の基本はキャラの育てゲー。

そしてゲームの要素がほぼ全て解放されるのは4章を攻略した時点です。

 

5章は難易度がグッと上がるので時間をかけて準備することにして、まずは4章までの攻略を目指しましょう。

 

基本はオートで合体素材も集まるレベリングクエスト周回!

周回の基本は多くのキャラと悪魔に効率よく経験値を配分できるレベリングクエストです。

メガテンD2の戦闘は非常にプレイヤーに優しく、悪魔との交渉も含めてオートかつ3倍速攻略でサクサク周回できます。

 

まずはレベルを上げながら仲魔を増やし、合体素材がそろったらメンバーを充実させていきましょう。

 

レベリングクエスト周回だけで作れるオススメ悪魔

レベリングクエストの周回だけで作れるオススメ悪魔の合体手順を紹介します。

 

オススメ星3

『ホルス(星3)』

 =メルコム

 ×ネコマタorザントマン

 

ホルスは物理耐性持ち、さらにメディラマ持ちで非常に耐久力が高いです。

火力にやや欠けますが、レベリングクエストで仲魔にできる悪魔2体で作れるのも魅力。

ホルスを起点にしてさらに強い星3の悪魔を作っていくと効率が良いです。

 

『オセ(星3)』

 =ホルス

 ×ライラ

 (ライラ=ヘケト×エンジェル)

 (ヘケト=ザントマン×クラマテング)

 (クラマテング=スライム×メルコム)

 (エンジェル=モムノフorザントマン×リャナンシー)

 

オセは弱点なしで汎用性が高く、さらに攻撃力もある強力な悪魔です。

星3ではトップクラスの性能で、デュエルでも活躍してくれます。

作成手順は星3作成が3回なのでマグネタイト消費量もぼちぼち。

上の手順なら1~2日で作ることも不可能ではないでしょう。

 

 

『ベルセルク(星3)』

 =イフリート

 ×ダーキニー

 (イフリート=タム・リン×ゾウチョウテン)

 (ダーキニー=ゾウチョウテン×イフリート)

 (タム・リン=ホルス×コッパテング)

 (コッパテング=スライム×ザントマン)

 (ゾウチョウテン=ホルス×モムノフ)

 

ベルセルクは物理無効持ち(+斬撃弱点)の使い勝手の良い悪魔です。

火力も高く、デュエルではオセ対策に非常に役立ちます。

ただ上の手順で作ると星3の作成が13回必要になり必要なマグネタイトは5~6万ほど。

数日から1週間はかかるのでまずはオセの作成がオススメです。

 

『ユニコーン(星3)』

 =エンジェル

 ×ケルピー

 (ケルピー=エンジェル×ナーガ)

 (ナーガ=モムノフ×デカラビア)

 (デカラビア=ネコマタ×モムノフ)

 

ユニコーンは破魔・呪殺無効、電撃弱点です。

2属性無効持ちは非常に強力。
覚醒すると2属性攻撃持ちになるのも頼もしいですね。

作成に必要なマグネタイトも6000程度で作りやすいです。

かなりオススメの悪魔ですね。

 

『フォルネウス(星3)』

 =ライジュウ

 ×ヤクシニー

 (ライジュウ=ガキ×ネコマタ)

 (ヤクシニー=デカラビア×ハトホル)

 (ハトホル=リャナンシー×ジャックランタン)

 (ジャックランタン=ザントマン×ネコマタ)

 

フォルネウスは氷結吸収・呪殺無効、雷撃弱点。

星3でも屈指の強耐性持ち悪魔です。
初期から2属性攻撃持ちで、さらに覚醒で雷撃弱点が無くなるのでものすごくオススメです。

作成にかかるマグネタイトも6000程度で継承素材としても優秀ですね。

 

『イシス(星3)』

 =ユニコーン

 ×ダーキニー

 

イシスは弱点なし、火炎耐性と電撃無効持ちです。

サマリカームを覚えるのでパーティの耐久力アップに貢献してくれます。

 

『ミトラ(星3)』

 =オセ

 ×アーマーン

 (アーマーン=モスマン×シーサー)

 (モスマン=アブラクサス×ディース)

 (アブラクサス=ネコマタ×ライジュウ)

 (ディース=エンジェル×ガキ)

 (シーサー=コッパテング×ザントマン)

 

ミトラは物理反射、氷結弱点、破魔・呪殺耐性持ちです。

物理反射は非常に強力な耐性ですね。

覚醒すると万能属性の全体攻撃であるメギドを覚えるのも魅力です。

オセを合体素材にするのでコストはそこそこかかりますが、ストーリー・デュエルともに非常に活躍してくれます。

 

『アリアンロッド(星3)』

 =ヘケト

 ×シーサー

 

アリアンロッドは物理・破魔耐性持ちです。

弱点なしで非常に使いやすく、力が結構高いので火力もそこそこあります。

作成にかかるコストも6000程度で低いので、早い段階からパーティに入れやすい悪魔です。

 

オススメ星2・星1 

 

『ハイピクシー(星2)』

 =ネコマタ

 ×クラマテング

 (クラマテング=メルコム×スライム)

 

ハイピクシーは星2では珍しい弱点属性なしの悪魔です。

星2なので転生素材も非常にそろえやすく、火力もそこそこあるので星4が作れるようになるまで使い続けても良いくらいのオススメ悪魔です。

 

『オルトロス(星2)』

 =モムノフ

 ×クラマテング

 

オルトロスは火炎無効、氷結弱点、呪殺耐性持ちです。

星2では珍しい無効耐性持ち悪魔で、オーカスの緊急ミッションでは低コストで作れる悪魔ながら大活躍でした。

特定のクエストの周回や攻略用に、オルトロスのように各属性に特化したなるべく低レアの悪魔を用意しておくと便利ですね。

 

『シーサー(星2)』

 =ザントマン

 ×コッパテング

 (コッパテング=ザントマン×スライム)

 

シーサーは弱点なし、耐性3つ持ちの非常に優秀な悪魔です。

星3どころか星4でも通用する汎用性なので4章クリアまでは非常にオススメです。

 

『カンバリ(星2)』

 =ヨモツシコメ

 ×イヌガミ

 ×クラマテング

 ×コッパテング

 (ヨモツシコメ=ガキ×クラマテング)

 (イヌガミ=スライム×バイコーン)

 (バイコーン=スライム×ネコマタ)

 

カンバリはレベリングクエスト周回で控えにぜひ入れておきたい経験値とマッカの獲得量アップスキルを持ったキャラです。2体作っても損はありません。

また、フレンドを増やしたい時に自分のサポートキャラにカンバリが設定しておくと承認されやすくなると思います。

物理弱点持ちなので戦力にはならないのでその点だけは注意ですね。

 

『エリゴール(星1)』

 =イヌガミ

 ×アズミ

 (アズミ=ガキ×スライム)

 

エリゴールは物理耐性、呪殺無効、電撃弱点持ちです。

星1の中では屈指の強耐性で、力も高めなので火力もあり、さらに覚醒で食いしばりを習得するので戦力としても継承素材としても役に立ちます。

星3がそろうまでは使い続けたい悪魔ですね。

 

『カーシー(星1)』

 =スライム

 ×チャグリン

 (チャグリン=スライム×アズミ)

 

カーシーは破魔無効、弱点なしの使いやすい悪魔です。

火力と耐久力的はあまりないので、星3悪魔がそろうまでのつなぎとしてオススメです。

無料召喚で呼べたら積極的に使っていくと良いかと思います。

 

パーティ4人分のバリア・スピード効果セットの烙印をそろえよう

そこそこ戦力がそろってきたら「マップ」「デビルバスター」「罪の烙印」から烙印を集めるための周回をしましょう。

 

ここで手に入る烙印の特殊効果で有用なのは

 状態異常を防ぐ「バリア」

 先制攻撃を取るための「スピード」

の2種です。

 

この2つの特殊効果は2部位にセットすると効果を発揮するので、パーティ4人分で合計8個の烙印を入手するまで周回をすると良いです。

 

どうしても攻略できないクエストが突破しやすくなりますし、デュエルでも勝ちやすくなりますよ。

 

星3悪魔を星4に転生させるか、星4を作るか。

星4悪魔は非常に作成コストが重く、なかなか作ることができません。

逆に星3悪魔はホルスを筆頭に作りやすいので、オセなど強い星3悪魔を転生をさせて星4に強化するのがオススメです。

 

星4悪魔を作るとしたら弱点を持たないサンダルフォンかベルゼブブがオススメですね。

特にサンダルフォンは合体素材が星3だけで作れるのでマグネタイト消費量も抑えられてオススメです。

ベルゼブブは2体目の星4悪魔として作りましょう。

 

『サンダルフォン(星4)』

 =ホルス

 ×マカミ

 (マカミ=ホルス×ヘケト)

 

『ベルゼブブ(星4)』

 =サンダルフォン

 ×セイテンタイセイ

 (セイテンタイセイ=ホルス×ゾウチョウテン)

 

毎日これだけはやっておくこと一覧

通常の周回やイベント周回とは別に、毎日やっておくと育成がはかどること一覧です。

 

・ログインボーナスゲット

 スタミナはイベントに備えて貯めておくと吉

 

・マッカ・マグネタイト・ジェム回収

 朝・昼・夜・寝る前

 

・デュエル7勝

 ジェム獲得+1週間に1回高位召喚札確保

 

・アウラゲート挑戦

 開いている時間に限りがあるため。マグネタイト確保に必須

 

・ジゴクパーク挑戦

 一定期間でリセットされるのでクリアできるところまで

 

 

 

無課金でもここで紹介した点に気をつけると非常に効率良くプレイができます。

ぜひ参考にしてください!