読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。スキル獲得とオタク知識の情報発信と記録。

コンサルの膨大な経験をインストール。「ゼロ秒思考メモ」で今日から始める超速行動

 

今日は新しい習慣を身につけたい、何かを始めたいっていうときに役に立つ「ゼロ秒思考メモ」について話すで。

うん。

そもそも「ゼロ秒思考メモ」って何かって言うとやな。有名なマッキンゼーっちゅう会社で働いてたコンサルの人が生み出した「頭の鍛え方」って思ってくれればええ。

そこだけ聞くとうさんくさいよね(笑)。

まあそう思われるのもしゃあないところあるな。筋トレとかならこうすれば鍛えられるっていう方法論がある程度確立しとるけれども、いわゆる地頭の鍛え方みたいなんはいまいち広まってへん。

一般的には本を読んだり自分で考える経験を積み重ねるのが重要って言われてるけどね。

そうやな。ただ、それって筋トレレベルまで確実に効果あるとこまで落とし込まれてるのかって言われたら正直全然やんか。

んー、小学校でやらせることが多い百ます計算とかはかなり近い感じがあるかな。

お、ええとこに目をつけたな。あとで話すけれども百ます計算にも「ゼロ秒思考メモ」にも同じ要素があるんやで。

そうなんだ。

まあとりあえずは「ゼロ秒思考メモ」ってどうやるのか、何が必要なのか、効果はどんな感じなのかを順に説明していこか。

うん。

 

「ゼロ秒思考メモ」のやり方

「ゼロ秒思考メモ」のやり方は結構単純やで。

 

  1. バインダーにA4の紙を挟んで横にする。
  2. タイマーで1分を計測。メモを開始する。
  3. 紙の左上にメモの題材を書く。 例:良い体調を維持するにはどうすればよいか?
  4. 紙の右上にその日の日付を書く。 例:2017-5-12
  5. 3で書いた題材の下に思いついたことを20~30字くらいの文章で書けるだけ書いていく。1つ書くごとにどんどん改行していく。 例:移動するときはマスクをする。運動して体力をつける。食事のときに野菜を積極的に摂取する。ビタミン系のサプリを摂る。手洗いうがいをする。
  6. タイマーで1分が経過したらきりのいいところでメモを終了する。
  7. ファイルにカテゴリごとにメモをまとめる。 例:「仕事」「家事」「勉強」「人間関係」
  8. 上の流れで1日に10枚メモを書く。

 

こんな感じやな。

 

こうやって見るとかなりやることははっきりしてるんだよね。

そうやな。1000人以上にやらせたらしいから相当方法論としては洗練されとるみたいや。

注意事項とかって何かあるのかな?

そうやな。気になる人も多そうなところで3つほどあげとこか。

 

  1. 書ききれないこともあるので同じ題材で何枚書いても良い。
  2. 紙のサイズや向きなどはアレンジせずそのまま行う。
  3. 人に見せるわけではないので心を自由にして書く。

同じ題材何枚書いても良いってのは分かるけど、2と3はどういうこと?

2はそのまんまやな。ノートに書いたり手書きや無くてPCとかスマホとかで書いたりするんやなくて、さっきの説明どおりやれっちゅうことや。

え、方法変えたら駄目なんだ。

筆者は1000人以上の人にやらせて今の形に落ち着いたから、そのままでやるのが一番効率ええって言っとるな。

このブログで何回も言ってる「巨人の肩に乗る」ってやつだね。

そうや。もし変えるんやとしてもすくなくとも三ヶ月とか半年とかは基本形でやるべきやろな。

心を自由にするっていうのは?

これは人に見せるわけやないからコンプレックスとか人の悪口とか書いてもええってことやな。

そう言われると自己啓発っぽくないね。

そうやな。この辺は後で話す「ストレスの緩和」とかにも大きく関わってくる。まあガチガチに凝り固まった思考やとええアイデアが出ないとかそういうのもあるな。

なるほどなー。

 

 

「ゼロ秒思考メモ」に必要な道具

さて、ゼロ秒思考メモに必要な道具についてまとめるで。

うん。

必要なものは、

  1. ボールペン
  2. コピー用紙を固定するバインダー
  3. A4コピー用紙
  4. クリアファイル 
  5. タイマー
  6. (クリファイルにカテゴリ名を書いて貼るポストイット)

基本はボールペンからタイマーまでの5点で十分やね。

値段的にもそんなにかからなそうかな?

タイマーはスマホの無料アプリでOKやしな。最初に1000~2000円くらい。紙とかボールペンの買い足しで月200円くらいやろか。

これで頭がよくなるなら投資効率としてはめちゃめちゃいいんじゃない?

時間も1日10分ちょいやからな。本とか新聞をちょっと読むくらいやったら「ゼロ秒思考メモ」の方がええ。怪しげなセミナーとかなんかだと比べ物にならんな。

(実際に買ってみたら、ボールペン10本800円、バインダー600円、A4コピー用紙500枚400円、クリアファイル10枚120円の約2000円でした。)

そして、1ヶ月に渡りタイヘイは「ゼロ秒思考メモ」に挑戦した………! 

 メモの効果1:行動力がアップする

さて、「ゼロ秒思考メモ」の効果1つ目は「行動力がアップする」や。タイヘイくんには1ヶ月ほど「ゼロ秒思考メモ」をやってもらったんやけどどうや?

これは結構効果あったね。

おお。例えば?

朝起きてその日やることをまず書いたのと、何か始める前にその作業について段取りを書いたりしたら取り掛かりがすごくすんなりいったんだ。

ほうほう。

例えばブログの記事を書くときは、題材を決める、目次で構成を決める、下書きする、足りない情報を調べる、本書きする、誤字脱字のチェックをする……。みたいな感じでメモを書いてる。

それは毎日書いてるん?

そうだね。僕の場合はブログの執筆・ウェブサイトの制作、ダイエット(運動)、料理、読書、小説を書く、絵の練習をするあたりについてはメモを毎日書いてる。これと1日の予定、1日の反省を入れたら10枚はあっという間な感じだね。

10枚って聞くと躊躇する人も多そうやけどな。時間的にはそんなにかからんのな。

ネットしてる10分はあっという間だけど、「ゼロ秒思考メモ」の10分はかなり圧縮された密度の濃い時間な感じはするね。

その話はまたちょっと後に詳しくするとして。行動力アップについて他になにかあるか?

そうだねえ。新しいことに挑戦するとき、慣れる前は毎日「ゼロ秒思考メモ」を書くとやることがはっきりして良いと思う。だんだんやることが増えていって書ききれなくなったらメモはやったことの反省とかを中心にしてやることはチェックリストみたいなのに移していったらいいかも。

 

まとめると、

  1. ものごとの取り掛かりがしやすくなる。
  2. 新しいことに挑戦するとき慣れるまでの手助けになる。

ちゅうことやな。

 

メモの効果2:思考スピードが早くなる

次は、本命の効果「思考スピードが早くなる」や。

これは1ヶ月くらいだとちょっと効果はわかりにくかったかな……。

まあそんな急に頭が良くなるって言われたら逆にうさんくさいしな。

ただ、最初は1行とか2行しか書けなかったのがだんだん書けるようになっていく感覚はあるね。

お?

デスノートの夜神月ほどじゃないけど、書きながら次のことを考えてて手と頭が分離してる感覚みたいなのはちょっと出てきた。

すごいやん!

まあ「ゼロ秒思考メモ」の形式に慣れたってのが大きくて頭が良くなった分は少しなんだろうけど。1日10回、1ヶ月で300回も時間制限のある中で何かに反復して挑むことってあんまりないしね。

先にちょっと話したけど百ます計算も時間制限あるからな。タイムアタックっていうのは時間あたりの経験の密度が濃くなって何か技術が上達したりするのには高い効果があるみたいや。そう考えると社会人よりも受験生とかにええのかもな。

あ、それは良いみたい。

なんかあったん?

親戚の高校生に教えたら、国語とか英語の記述問題を解くスピードは明らかに早くなったって言ってた。

そうなんや。でもタイヘイくんから習ったならそんなに長いこと「ゼロ秒思考メモ」やっとったわけやなさそうやな。

うん。2週間くらいで全然違うって言ってたよ。

それはええな。

頭を鍛えるって意味だとまだまだ継続が必要だと思うけど、2年間継続してコンサルに就職した人の記事とか見るときちんと続けたら効果は何らかの形で出るみたいだね。

 

まとめると、

  1. 受験生や資格試験を控えてる人は短期間でも効果ありそう。
  2. 普段の思考速度アップには長期の継続が必要そう。

って感じやな。

 

メモの効果3:ストレスが緩和される

最後に「ストレスが緩和される」についてや。

あ、これはすごく良かったです。

お、ええ反応。

レジで横入りとかされると注意してもしなくてもちょっとしたイラつきが残ることが結構あって……。なるべく我慢するようにしてたんですけど1枚書くとスッキリ忘れられていい感じです。

ほうほう。

あとは漠然とした不安を要素で分解してこれが解決すれば大丈夫! ってなったり、以前からのコンプレックスも何枚か書いたら大したことないんじゃないかって思えるようになったかな。

他の効果とくらべても目に見えてええみたいやね。

そうですね。ちょっと瞑想とかも試したことあったんですけど、「ゼロ秒思考メモ」の方がメンタル面でのコントロールは10倍以上効果あると思います。

そんなに?

社会人とかは全員やってもいいんじゃないかって思えるくらい。これで1ヶ月とか続けて不安が消えなかったらたぶん人とか労働環境が悪くて、逃げた方がいいんじゃないかな……。

実感こもっとるなあ。

僕自身結構無理して駄目になっちゃったタイプの人だからね……。こういう精神論じゃない実用に耐える手段はどこかで早めに覚えたかった。

 

まとめると、

  1. ささいなことから仕事のことまでストレスのコントロールに大きな効果あり。
  2. 長く抱えたコンプレックスとの付き合い方も見直されるかも。

って感じやな。

 

 

さて、「ゼロ秒思考メモ」についてはこれくらいやな。

うん。何か新しいことに挑戦するとき、ストレスのコントロールをしたいときにはかなりオススメです。

頭を鍛えるって意味やと長期的な継続が必要になりそうやから、またいつかある程度きりのええところでまとめたいな。

 

 

ビジネス系のスキルに関しては、あとはPDCAをやったら大きなのはだいたい終わりかな。そうしたら実際のスキル習得とか仕事っぽいこととかにどんどん挑戦していくで!

うん!

 

 

以下、ゼロ秒思考メモにあたって実際に購入したものです。

これがなくちゃ始まらない! 新しいアプローチ、必読のビジネス書です。

ゼロ秒思考メモにはこのボールペンが最適解。インクの出方が違います。

バインダーは悩みましたが安くてデザインが良いこれを使っています。

紙は通販で買うと楽です。

1日10枚書くと結構なペースで消費します。

ファイルに貼るテープはこれが使い勝手が良いです。