凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。

早送りができた!!iPhone版「DMM VR動画」で使えるリモコン「JC-VRR01BK」のレビュー

f:id:taiheiex:20180209115310j:plain

スマートフォンでVR体験ができる「DMM VR動画」は驚くべき体験を与えてくれます。

それはまさに感動といっても過言ではありません。

 

VRゴーグルにセットした動画を見ている最中に顔の向きを変えると、動画の中の世界を自由に見渡すことができ、本当に自分がその中にいるような体験ができるのです。

 

VRゴーグルはPSVRだと4万円前後してちょっと手を出すのに戸惑いますが、スマホを使うものだと低価格帯が非常に充実しています。
安いものは1000円台から、人気のある使いやすさで一押しの物でも3000円程度です。

 

スマホを使う低価格なVRゴーグルのおかげで試しやすい「DMM VR動画」ですが、使ってみるとどうしても一点だけ操作の面で気になる部分があることに気づきます。

 

それはスマートフォンをVRゴーグルにセットすると、動画を見ている間は操作ができないこと(主に早送り)です。

 

これを解決するのがスマートフォン用のリモコンなのですが、AndroidはともかくiPhoneでは長らくこの対応がされてきませんでした。

 

そんなiPhone版の「DMM VR動画」でリモコンが使用可能になったのは2017年12月のこと。

まさに懸念していた問題、外部リモコンでの早送りが可能になったのです。

 

今回はそんな「DMM VR動画」で使えるリモコン「JC-VRR01BK」のレビューをしていきます。

 

エレコムのBluetoothリモコン「JC-VRR01BK」の特徴

今回紹介するのは、国内のパソコン周辺機器を扱うエレコムのスマートフォン用Bluetoothリモコン「JC-VRR01BK」です。

 

見た目はこんな感じ。

f:id:taiheiex:20180209115310j:plain


大きさはマウスと同じくらいですね。
片手でも両手でも問題なく使えます。

 

では実際に使ってみたレビューです。

 

使用電池は単4が2本

このリモコンは単4の電池が2本必要です。
リモコンを買った時に電池は付属しているので、別に購入する必要はありません。


初めて使ったとき、リモコンの電池を入れる部分に薄いプラスチックの切れ端が入っていました。
新品の製品に良くついている絶縁体かなと思いましたが、引っ張っても取れないし、特に取り外さなくても使えたのでそのままにしています。

 

f:id:taiheiex:20180209115419j:plain

 

注意事項:接続中はフリック・キーボード入力ができなくなる

iPhoneにリモコンをBluetooth接続すると、キーボード入力が出来なくなります

 

注意する点としては、「DMM VR動画」を使うときはDMMにログインする必要があります。

 

その際にパスワード入力で入力機能を使うので、リモコンを使う前にあらかじめアプリを開いてログインしておきましょう。


セットアップはちょっと面倒?電源はリモコンの左側面!

Amazonのレビューだと不具合や初期不良のコメントが多くて心配だったのですが、問題なくきちんとセットアップできました。

 

セットアップの手順としては、

 

  1. 左側面についている電源ボタンを「i」の方にスライドさせ(電源起動)
  2. 電源ボタンの左についているWi-Fiマークを数秒押し続ける
  3. iPhoneの「設定」→「Bluetooth」からリモコンを選択

 

これでセットアップ完了です!

 

ちょっとiPhoneがリモコンを見つけるのに時間がかかりましたが、手順としては難しくありません。

 

2回目以降はリモコンの電源を入れればすぐ使えるようになるので楽ですね。


「DMM VR動画」で早送り、巻き戻し、一時停止、音量調整、ホームボタンに対応!

さて、実際にリモコンを使ってみた感想ですが……。

 

早送り最高!!

 

これまで不満だった点が一気に解消され、「DMM VR動画」の満足度が一気に上昇しました!

いや、本当にスゴイですね。


私は「DMM VR動画」のためにiPhoneからAndroidへの乗り換えもありかな、と思っていたくらいなんですが、その必要がなくなりました。

 

機能としては

 

  • 早送り
  • 巻き戻し
  • 一時停止・再開
  • 音量調整
  • ホームボタン(アプリから抜ける)

 

がiPhoneでは使えます。

 

これで画面上をマウス操作も出来れば、動画を見終わった後に他の動画を選んだり、向きの微妙なズレも調整できるので最高なのですが、それは今後の対応に期待しましょう。

 

まだ使い勝手を追い求めることはできますが、早送りができるようになっただけで控えめに言って世界が変わりましたよ……!

 

新しいモデルより旧式が約半額でオススメ!


さて今回レビューした「JC-VRR01BK」ですが、新しいモデルの「JC-VRR02VBK」がリリースされています。

 

レビューした「JC-VRR01BK」でも早送りは使えますし、値段は約半額程度なのでこちらがオススメです。

 

新しいモデルはヴルームSDKという開発方式に対応しており、この方式を採用したゲームが今後出てくるとオススメになりそうですね。

 


「JC-VRR01BK」を使ってみた感想ですが、
懸念していた問題点は改善され、まさに新しい世界が開けた!
という感じですね。

 

iPhoneユーザーにはオススメですし、Androidユーザーならおそらく画面操作も出来るので、さらにオススメです!

 

私はさらに「DMM VR動画」の使い勝手を良くするためにBluetoothイヤホンも採用しているのですがリモコンと合わせての使用も出来て、すごく良かったです。

 

今後もVRの発展が楽しみですね!

 

 

 


中国のよくわからないメーカーと異なり、国内メーカーであるエレコムのリモコン。
値段は2000円前後。安心して使えます。

 


Bluetoothイヤホンは「DMM VR動画」の使用感を非常に向上させてくれます。
耳から外れないカナル型で、さらにiPhoneと直接接続しないのでケーブルも邪魔になりません。
レビューしたリモコンと同時使用が可能なことを確認しています。

 


今VRゴーグルを買うなら使用感に影響する中で一番大きい要素である「視野角」が広く、さらにAmazonでのレビュー件数も多いこちらのゴーグルがオススメです。

 


リモコンの電池が切れたら充電出来るものを使う予定です。
単4電池をスペーサーを使って単3も使えるようにすると、マウスや電動歯ブラシなど他でも使えるので便利です。