凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。スキル獲得とオタク知識の情報発信と記録。

レコーディングダイエットがどうしても続かない人のための裏ワザ

f:id:taiheiex:20170328012430j:plain

どうも、タイヘイです。

 

ダイエットにはたくさんの種類がありますが、その中でも息が長いのが「レコーディングダイエット」

 

特に激しい運動も必要なく、お金もほとんどかからないのに成功例が数多く報告されている人気のダイエットです。

 

レコーディングダイエットでやるべきことは2つだけ。

 

毎日体重をはかることと、食べたもの・飲んだものを記録することだけです。

 

これなら続きそう、そう思って挑戦したけれど、何故か続かない……。

 

僕もその一人なのですが、最近になってレコーディングダイエットを続けるのがすごく楽になる方法を見つけたので紹介しようと思います。

 

体重計はトイレに置こう!

レコーディングダイエットで毎日体重をはかることにしたのだけれど、朝は忙しくてどうしても忘れてしまう。

 

そんな経験をしたことはないでしょうか?

 

毎日続けることだと気が緩むときが出てきて欠かさず行うのは難しいですよね。

 

僕もずっと朝の体重測定をたまに忘れてしまうことに悩まされていました。

 

そんな問題を解決したのが 体重計をトイレに置くことでした。

 

これ、バツグンに効きます。

 

ダイエットを決意したとき、つまり太っているときって自分の体重と向き合いたくないというのが本音のところ。

 

寝坊したり本当に忙しくて計測を忘れたということももちろんあります。

でもそれ以上に面倒だから今日はいいや、と体重測定を行わないことが結構あるのではないでしょうか(少なくとも僕はそうでした)。

 

つまり、やらない理由を自分で作ってしまっていたんですよね。

 

ですがトイレに体重計を置いたら状況は一変します。

 

体重をはかるまでトイレから出られないという心理が働くのです。

 

加えてどんなに忙しくても朝トイレに行かない人はいないことから、

起きる→トイレに行く→用を済ます→体重測定をする

という一連の流れが自然と続くようになるのです。

 

さらにもう一歩強制力を上げたければ、寝る前に携帯をトイレに置いておくといいと思います。

 

これは朝起きて最初に携帯をいじることが癖になっている人向けですね。

 

こうすると寝る前に液晶画面の光を見なくなり、睡眠の質も上がるので身体の調子がどうにも良くないという方にオススメです。

 

自分は紙派かアプリ派かを知る

さて、続いてはレコーディングダイエットに限らず他の習慣を身につける上でも役立つポイントです。

 

レコーディングダイエットでは体重や食べたものを逐一記録していきます。

 

どんなアプリがいいとか、手帳がいいとかいろいろなアドバイスがありますが、大事なのは自分にあった道具を選ぶことです。

 

色々試してみたところ、人にはノートやメモ帳・手帳に記録する方が楽な紙派とスマホアプリやPCに記録する方が楽なアプリ派がいると僕は考えています。

 

判別方法は単純に、両方とも試してみてより抵抗感の薄いものの方が向いているということですね。

 

これは記録する事柄によっても変化しますし、慣れてきたらアプリ派が紙派になったり紙派がアプリ派になったり変化も出てくると思います。

 

僕は体重測定に関してはアプリを使い、食べたものの記録にはノートを使っています。

 

形にこだわらず楽に続けることを考えるとダイエットの成功確率が上がるので、自分にあった方法を見つけましょう。

 

レコーディングダイエットに役立つ道具まとめ

最後に、レコーディングダイエットに役立つ本や道具をまとめてみました。

 

書籍「いつまでもデブと思うなよ」

レコーディングダイエットに必要な考え方、「時間をかけることの重要性」がしっかりと書かれています。

最強のダイエット本を3冊選べと言われたら間違いなく入ってくるのがこの本。

Amazonプライム会員なら電子書籍版は特典で無料で読めるのでぜひ一度チェックしてみて下さい。

 

体重計はアプリ非対応か対応かで選ぶ

シンプルに安くて十分な機能がそろっている体重計です。

PCやスマホに接続するものは値段が上がってしまいますので、紙派の人はこちらを選ぶと良いかと思います。

 

 スマホアプリ対応版になると値段が一気に上がり、購入を悩む方も出てくるかと思います。

ただ、ダイエットのコツはなるべく楽をすることであることは間違いありません。

そう考えると体重計にお金を払うというのはかなり効率的な投資になると思います。

 

紙に記録するならメモ帳orノート+ふせんのセットがオススメ

 

ペンはシャーペンよりボールペンの方が芯を交換したりしなくて良いのでオススメです。

ノートかメモ帳に挟んでおきましょう。

 

ノートは持ち歩くには大きいと感じる人にはこちらのメモ帳がオススメ。

サイズを選べるので自分に合った物を選びましょう。

 

個人的なオススメはふせん(ポストイット)に食事を記録してノートに貼る方法です。

上のものだとノートに4枚張って1ページが埋まるサイズなので3食の記録にはもってこいだと思います。

 

ノートは肩肘を張らずに安い物でOK。

というのもノートは1日1ページ使っていったら2ヶ月ほどで使い切ってしまいます。

むしろ安い物をどんどん使い切って痩せられるんだという意識を作っていく方がダイエットの成功率は上がるからです。

 

 

 

最後に、レコーディングダイエットを続けるために大事なことをもう一つ。

 

最初から完璧にやろうとすると必ず無理が出てくるので、絶対に続けられるとても簡単なところから始めるのがおすすめです。

 

例えば、

  • 体重と食事の記録は同時には始めない
  • 食事の記録はいきなり3食全部ではなく朝・昼・晩を1週間ずつ増やしていく
  • 食事内容を記録するのに慣れたら食事量もきちんと書くようにする

といった感じですね。

 

ダイエットが大変なものだと頭のなかにインプットされてしまうとそれだけで成功率は下がります。

 

なるべく楽をする、少しずつやせる思考回路を作っていくというのが遠回りに見えて一番の成功の秘訣なのです。