凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。スキル獲得とオタク知識の情報発信と記録。

我慢しすぎはリバウンドの元!ダイエット中に食べても太らないおやつまとめ

f:id:taiheiex:20171229202132j:plain

 

新しい洋服を買いに行くのが嫌い……。

 

太った自分に合った服ってなかなか見つからないから……。

 

恋愛に臆病になったり、自分に自信が持てない……。

 

体型以外は普通の人と変わらないのに……。

 

 

やせた方がいいのはわかってる!

 

 

苦手な運動も頑張ろうとしたし、食事も好きなものを我慢しようとした……。

 

でも、ちょっと仕事がキツくなったり嫌なことがあったりするとタガが外れたように我慢した分まで食べてしまう。

 

わかります。その気持ち。

 

僕も同じことで長いことずっと悩んできました。

 

でも、今はもう違います。

 

ダイエットに役立つ太りにくいおやつがあるということに気づいたのです。

 

では、そんなダイエットの救世主となるおやつたちを御覧ください。

魚肉ソーセージ:肥満体型の子供にもオススメ!! イチオシの満足感。

カロリー・栄養:★★★★☆

コスト:★★★★★

満足感:★★★★★

 

魚肉ソーセージのオススメポイントは大きく3つ。

 

1つ目はタンパク質が多く含まれているため栄養が筋肉を作るために使われやすく、肥満に悩む子供や、部活などでお腹を空かせた中高生のおやつにピッタリということ。

(カロリーは1本130kcal程度です)

 

2つ目は食べたときの満足感。

しっかり固形物を食べたという実感があるので、我慢しているというストレスがたまりにくいということ。

 

3つ目はコストの安さ。

Amazonで4個入りの30セットをまとめて買うとなんと1本あたりの値段は驚きの45円程度!

すべてのダイエット食品の中でもっとも優れているといっても過言ではないでしょう。

 

 

120本入りで5000円程度。さらにトクホで安心感もあります。オススメ。

 

キシリトールガム:満腹中枢を刺激しつつ集中力もアップ!? 実は超低カロリー

カロリー・栄養:★★★☆☆

コスト:★★★★★

満足感:★★☆☆☆

 

キシリトールガムをオススメする理由は大きく3つ。

 

1つ目は圧倒的な低カロリー。

1粒は約3kcal程度なので口寂しくなったら迷わず手にとってOKです。

1日10粒食べてもわずかに30kcal!!

 

2つ目はおやつとして考えたときのコストの安さ。

ボトル入りのものだと600~700円で100粒ほど入っています。

1日に10粒食べても1日あたりの値段は60~70円という計算になるのです。

 

3つ目は集中力と歯への影響などダイエット以外での嬉しい副次効果がある点。

スキルアップに資格試験の勉強をしながらダイエットも一緒に出来てしまうかも!?

もしかしたらガムが人生を変えるきっかけになるかもしれません。

 

 オススメはいろんな味が入って飽きにくいアソートボトルです!

 

 

こんにゃくゼリー:激戦区を勝ち上がった理由は食べごたえと安さ。

カロリー・栄養:★★★★☆

コスト:★★★★★

満足感:★★★☆☆

 

ゼリーはカロリーオフのものやカロリーが低めのコーヒーゼリーなど多くの種類があり激戦区。

 

そんな中でこんにゃくゼリーが選ばれた理由は2つ。

 

1つ目は低カロリーで複数食べてもOKなこととしっかりした食感から生まれる食べごたえ。

大きいものを一つドカッと食べるより、小さいものを複数食べた方が満足感は高くなります。

 

2つ目は低カロリーだからとちょっと多めに食べても実は非常に安いということ。

6個入りのパックが200円以下なので、2日で1パックと考えると1日100円を切るのです。

 

夏場は凍らせてお昼のデザートにしたりアイス代わりにしてもグッドですよ。

 

6種類の味を組み合わせて毎日3つずつ食べるのがオススメ!!

 

冷凍マンゴー:ちょっとオシャレなダイエットの新定番!

カロリー・栄養:★★★☆☆

コスト:★☆☆☆☆

満足感:★★★★☆

 

冷凍フルーツはどれもオススメなのですが、その中でも満足感が高いのがマンゴーです。

 

カロリーは100gあたり70kcal程度。

量に対してのバランスが非常に良いですね。

 

そして凍らせてあるのでアイスというかシャーベットにも似た味わいがあるのが特徴。

 

おやつとしては非常にリッチな感じがしますね。

 

難点は今回紹介する他のおやつに比べるとややコストが高いこと。

1食あたり170~200円くらいです。

 

それでも普通のダイエット食品に比べるとかなり安いので一度試してみる価値はありますよ!

 

コンビニで小分けされたパックが売られているのも嬉しいポイントです。

 

送料込みだと少し割高ですが、これは値段以上に非常に味に定評のある冷凍マンゴー。

 

ブラックサンダー:どうしてもチョコが食べたいあなたに捧げる秘密兵器。

カロリー・栄養:★☆☆☆☆

コスト:★★★★★

満足感:★★★★☆

 

砂糖の甘さをメインにしたおやつはどうしてもカロリーが高くなり、選ぶのに苦労しました……。

 

そこで稲妻のようにひらめいたのが駄菓子という選択肢!

 

量が少ない分、値段は安い。

でも味はしっかりついているから満足感は意外と高いのです。

 

そうなるとチロルチョコなども味の種類が多くて悪くないのですが、おやつとしてひとつを選ぶなら圧倒的「チョコ食べてる感」のあるブラックサンダー!!

 

カロリーはさすがに112kcalとなっていますが、実はそれでも魚肉ソーセージよりは低かったり。

 

値段も1個30円程度。

 

甘いものが食べたくなったらブラックサンダーはダイエットでは常識にして良い気がします。

 

まとめ買いすると送料も無料なのでAmazonでの購入がオススメです。

 

うまい棒:3本までなら食べてOK。ジャンクフードの王様!

カロリー・栄養:★★★☆☆

コスト:★★★★★

満足感:★★★★★

 

太らないチョコを求めてブラックサンダーに行き着いた後、ふと気づいたのは駄菓子のクオリティの高さ。

 

値段は安い、量は少ないけど味が濃くて満足感が高い。

そうなるとジャンクフード系も迷わず駄菓子から選ぶ流れに。

 

チョコの味が限定されているのに対し、ポテチなどは味のバリエーションが多い。

元々すごく味が濃いだけに、いろんな種類のものが選べると良いなと考えたらやっぱりうまい棒に行き着きました。

 

値段は一本10円程度、カロリーは35kcalほど。

おやつとしては3本くらい食べても100kcal程度なので非常に満足感があります。

 

コストも圧倒的に安いですが、やはりいろんな味を選べるというのが何よりのポイントですね。

 

10種類のうまい棒が30本ずつで300本!

常備するおやつとして最適です。

 

さけるチーズ:もはやおやつというよりプロテイン。糖質はほぼゼロ!

カロリー・栄養:★★★★★

コスト:★☆☆☆☆

満足感:★★★☆☆

 

チーズはダイエットおやつとしては有名ですが、意外とそれだけで食べると苦手な人も多かったりします。

 

プロセスチーズ特有の歯に張り付くようなパサパサ感があるんですよね。

 

そのあたりのことを考慮するとモッツァレラチーズも良いのですが、手に入りやすさやストックしやすさ、満足感という点でさけるチーズの方がオススメです。

 

カロリーは1本80kcalほど。1袋2本入りを食べると160kcal。

 

値段も1パック200円ちょいくらいなので、割高かなあ?

と思っていたのですが、詳しい栄養成分を見てビックリ!

 

糖質は1g以下でさらにたんぱく質の量が脂質より多いのです。

これ、美味しいプロテインとして考えるとすごく良いんじゃないか?

 

そう思って選出に繋がりました。

 

スポーツをしているお子さんがいる家庭や、筋トレに興味があるけどプロテインはちょっと、という人にはぜひさけるチーズをオススメします!

 

おやつとしては正直割高。でもプロテインとして考えると値段と味のバランスが非常に良いのです!

 

かき氷系のアイス:暑い時期のおやつに最適! ガリガリ君もイケる!

カロリー・栄養:★★☆☆☆

コスト:★★★★☆

満足感:★★★☆☆

 

おやつを我慢するストレスの中には、特にアイスに特化したものがあると思います。

他のおやつを食べてもアイスを食べないと満たされない何かがあるような気がするのです。

 

ダイエット中にアイスを食べたいと感じたら、まず選ぶべきはバニラやチョコではないかき氷系のアイスを選ぶということ。

 

シャーベット系のものやガリガリ君などもここに含まれます。

 

これで他のおやつにはない冷たいもの=アイスを食べた欲がある程度満たされます。

 

ただ、どうしても砂糖の甘みが欲しいと感じることもきっとあるでしょう。

 

そうなったときの対処は2種類。

 

一つ目はもう諦めて普通にアイスを食べてしまうというもの。

週に1回とかならば1個や2個のアイスが直接体重増加に繋がるわけではなりません。

 

もう一つは、食べるアイスを選ぶというもの。

 

これはピノのファミリーパックのように小さいものを食べるという選択と、

かき氷系から進化した甘さを感じるアイスを選ぶという選択肢があります。

 

具体的にはイオンやセブンイレブンで取り扱っているティラミスや抹茶といったタイプのかき氷ですね。

 

カロリー的には普通のアイスの半分とかですが、しっかりアイスを食べたという感じがします。

 

ダイエットで重要なのは無理に我慢することでありません。

 

上手く自分の食欲をコントロールしていきましょう!

 

ガリガリ君はリッチシリーズだと満足感も高いですが、カロリーも高くなるので注意!

ソーダ味なら70kcal程度です。

 

フローズンヨーグルト:バニラアイスの代替品としてもオススメ!

カロリー・栄養:★★☆☆☆

コスト:★★★☆☆

満足感:★★★☆☆

 

かき氷やアイスに近い分類としてはフローズンヨーグルトが実はかなりオススメです。

ほのかなバニラアイスとカルピスの中間のような味わいが、アイス食べたい欲を満たしてくれることでしょう。

 

カロリーは量にもよりますが、100~120kcal程度のものが多いです。

 

あくまでフローズンヨーグルト用に調整されたものが美味しいので、

普通にパックのヨーグルトを買ってきて凍らせたら残念なことになるので注意!

 

最近ではおそらく2・3店舗に1店舗以上の割合でスーパーはフローズンヨーグルトを扱っています。

コンビニでもミニストップなどが取り扱っていますね。

 

値段はスーパーだと80円前後、コンビニだとちょっと割高で130円ちょっとくらいでしょうか。

 

今回ダイエットに適したおやつを考えるにあたって、手に入りやすさというのも実はかなり重視しているんですよ。

 

家に大きいのを常備しておいて、他のアイスは買わないようにするのもダイエットとしては効果的! カロリーは普通のアイスの半分くらいですよ。

 

炭酸水:ジュースをやめるだけでやせられる!? 実は減量効果大!

カロリー・栄養:★★★★☆

コスト:★★★★☆

満足感:★★★☆☆

 

いわゆるおやつとはちょっとずれますが、日常的に口にする飲み物がジュースやコーラだとそれだけで結構なカロリーになります。

 

ここで効果的なのがここ数年市民権を得てきた炭酸水です。

 

カロリーはゼロか100mlあたり10kcal以下のものが多く、普及したおかげか値段も普通のお茶とかわりありません。

 

お茶や水より優れているのは、炭酸を含んでいることで満腹感があるという点。

 

味がないと飲めないという人はカロリーを確認してフレーバーつきのものを選ぶと良いでしょう。

 

人気で取扱い店舗も多いのはレモンのフレーバー。

無味の炭酸水しか試したことのない人は一度試す価値アリ。

 

 

 

 

 

食べごたえのある固形物、ジャンクなお菓子、アイス、飲み物とおやつの分類に入るものはほとんどカバー出来たと思います。

 

我慢しすぎずに上手くストレスと付き合ってダイエットを成功させましょう!!