読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡才ですから

凡才だから努力して一日ひとつだけ強くなる。スキル獲得とオタク知識の情報発信と記録。

何に時間を割くべきかは費用対効果を8:2で考える。「パレートの法則」が取捨選択を教えてくれた

 

 

幸せは健康とお金の8:2で決まる

さてこの世知辛い世の中をどう生きていくかやけどな。

うん。

小説書くとかやりたいことがあるのはええことや。でもそれしかせえへんっていう背水の陣は必ずしも正解やない。

保証も何もない世界だからねえ。

というわけで、いきなり書籍化されるために毎日10時間執筆とかを選ぶのは違うで。
ところでタイヘイくんは、「パレートの法則」って知っとるか?

ええっと、全体のうち2割に過ぎないものが8割の成果を出す、だっけ?

そうや。
例えば100種類の炊飯器があったとして、1ずつ売れて100の売り上げになるんやなくて20種類が80の売り上げを占めて残りの80種類で20の売り上げになる、みたいなことやな。

これ聞いたときに思ったんだけど、そんなにキレイに数字が出るのかな? どんなものでも2:8になるとかだとちょっとうさん臭い。

あーそこが気になる人結構多いみたいやね。でもこの法則の本質ってそんなことやないんや。数字はものによって2:8だったり1:9だったり、場合によっては1:99やったりする。

ここで大事なんはまんべんなく力を注ぐよりも成果が出やすい部分に力を注いだほうがコスパがええってことやな。

なるほど。そうやって言われるとわかりやすいね。

んで、人生をパレートの法則で考えたとき大切なのってなんやと思う?

 

うーん、やっぱりお金かなあ?

おおやっぱりそう考える人多そうやね。

それだけだと寂しいかもしれないけど、実際暮らしてくには必要だからねえ。

でもうちの考えはちょっと違うな。

え?

何をするにも一番に大切なんは、健康や。

あーそう言われると否定できない。

日本はなんだかんだ裕福やからな。会社クビになっても独身なら月に20日もアルバイトすれば普通に生活できる。

日給6000円で20日働いたら12万か。住む場所を選ばなきゃなんとかなりそう。

実家とかある人はもっとイージーモードや。ただ、健康やないとその最低限働くってのができひんからな。健康8割、お金2割くらいで考えるとちょうどええで。

 

かける時間はお金8、健康2

うーんでもそんなに健康にお金とか時間を使うって無理じゃない?

そこが大きな勘違いなんや。

え?

重要性と時間の使い方はパレートの法則で考えると逆転する。

??

人生の幸福度は健康8、お金2で決まる。だとしたらそれを生み出すのに使う時間は健康2、お金8になるんや。

言いたいことは分かるけどなんとなく煙に巻かれてる感じがする……。

まあこれはリアルに合わせた結果自然とそうなるというのもあるな。1日10時間仕事するんやなくて、8時間働いて2時間は運動とかお風呂とかご飯に使うとコスパがええって感じや。

それなら分かる。

パレートの法則的に考えても生活習慣病がかなり病気の原因になっとるはずやから毎日30分歩くとかバランスええ食事とかはめっちゃコスパええんやで。

働いてたときは残業のストレスもすごかったなあ。

個人とか会社レベルならともかく、社会全体で見ると残業も通勤時間もゼロの方が絶対ええはずなんや。まあどうして合理的に物事が運んでないのかの理由も考えるべきなんやけど、本筋から外れるからそれはまた今度な。

 

 

具体的戦略:ダイエットとブラック企業からの脱出

 

さて、具体的になにすればええかやけども。

うん。

健康はとりあえずダイエットやな。

やっぱりそうなるかー。

パレートの法則は大枠決めたあとにも、もう一回考えるとええ、ダイエットに当てはめると食事8割・運動2割に労力割くのが良さそうやな。

大学時代にダイエットしたときはそれで上手くいったしね。

ダイエットに当てはめるとそうやな。今回は長丁場になるから慌てず地道にやっていこう。

 

あとは、仕事か……。

まあこれはブラック企業から抜け出した時点でほぼ成功しとる。健康がやっぱりいちばん大事やで。場合によってはしばらく働けないどころかもっと酷いことになる場合やってある。

先が見えないとツライけどね。

まあさっきも言うたけども、アルバイトやって生きてくには十分や。仕事選ぶ基準はしっかりできたやろ?

うん、やりがいとかお金とかよりとりあえず人間関係と労働時間だね……。

最低限のランクとしてバイトで食べてけるっていうのがあるとしたら、それより上やとどうなる?

え、うーん契約社員とか普通に正社員とか?

可能性はいっぱいあるんやで。年齢によってはまだ公務員試験も受けられるし、いっそオフィスワークをあえて無視して身体動かす仕事もありや。

公務員はともかくいわゆるホワイトカラー以外の仕事って考えたこともなかったな。いつまでできるのかとかそういう問題とかもありそうだけど……。

そうやな、選択肢を漏れなく出すこととそれをどう評価するかも重要なポイントや。
ただ、覚えておいてほしいのはたいていの人間は リスクを過剰に見て挑戦しないことで結果的に損をしていることが多いってことやな。

そうやって言うとすぐ起業! みたいな方にいっちゃってなんか違う感がするんだよなー。

まあまあ。起業とかはそもそもめっちゃ幅広いからな。脱サラしてコンビニ経営とかラーメン屋とかも起業やし、ウェブデザイナーとかプログラマがフリーランスになるのもある意味起業や。というかほぼほぼ9割5分以上は起業言うても大したことしとらんで。

そうなの?

そうやで。大学時代にアメリカの通販サイトでマウンテンパーカー買ったことあったやろ?

え、うん。

日本で買ったら3万5000円の商品が自分で輸入したら1万5000円くらいやったな。

なにげに頑丈に作られてるからいまだに着てるね。

あれをちょっと頑張ってやったら起業やで。

あーそうなるのかな?

仕入れ値と日本での価格の間の2万5000円で売ったら1着で1万の儲けやな。月に20着も売れれば商売になるで。

孤独のグルメのゴローちゃんとかはそれを仕事にした人なんだな、たぶん。

まあ在庫とか税金とか問題はあるかもしれへんけどな。ちょっと英語できるとかこの通販サイトは大丈夫っぽいか分かるリテラシーとかそれくらいの能力でもホントは仕事になるんや。

でもそれならなんでブラック企業とかがあるんだろう?

難しい話やな。

2つありそうやなと思うのは、1つは一人でやってたら普通に回るんやけど人雇うほどは儲けが出ない仕事やった場合。オフィス借りたりの経費が負担な場合もこれやな。売り上げがもっと必要やから一人あたりの仕事が増えてブラック化する。

うん、ありそう。

もう1つは、始めたときと条件が変わってしまった場合。

さっきの服の輸入なら大手の会社が値段下げてしまって小さい会社がちょっと安いくらいじゃ売れなくなったとかそもそも円安の影響とかな。

あー経営者の腕とかモロに出そうだね……。

最近人気のYouTuberとかは実は金銭的リスクとリターンはかなり効率ええ。ただ収益がグーグル次第なとことか顔晒したりする金銭とは別のリスクがあるな。

先入観なしに考えた方が可能性は広がるんだなあ。

とりあえず最低限、バイトでも暮らしてけるっていうライン確保のためにもダイエットは必要やな。今のままやと数時間立ってるだけとかでも厳しいし。あとはリスクを抑えてリターンを得るにはどの仕事がいいかについてはまた明日考えようか。

うん、とりあえず今日の結論としてダイエットを開始するということで。

頑張ってやせような~。

 

果たしてタイヘイはやせられるのか? そして仕事はどうなるのか。次回に続く。